PlutoSDR #52018/08/15 19:55

LeanTRX

leaniiorxが動かず,煮詰まったので,別ソフト:leantrxを試した。添付したのはDATVの受信画面。ザックリ書くとPlutoSDRでarm版leaniiorxが動いており,その処理結果をクライアントPCのブラウザから確認している(ノリはOpenWebRXだ)。

今回はleantrxのサイトにある図2の構成を試した。LinuxマシンとPlutoSDRとのリンクは,Linuxマシンで作業→確立した。

% sudo ip a
...
5: eth1: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN group default qlen 1000
    link/ether 00:e0:22:8f:XX:XX brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
% sudo ip addr add 192.168.2.10/24 dev eth1
% sudo ip link set eth1 up

開通したらインストール・起動は超簡単! 下記サイトの11.2.2の通りに作業するだけ。

ただし,本機能は Not testedだ。テストするには信号源が必要!で,PlutoSDRを もう1台,用意する?!ことになりそう...だ。

ちなみに各種ファイルをPlutoSDRの/tmpにコピーするので,PlutoSDRの電源を再投入したら,初期化されます ^^;

PlutoSDR #42018/08/12 05:53

HamTVの受信にあたり,SDRにRTLSDRを使うと受信コンバータが必要になるが,PlutoSDRだと受信周波数の範囲内!なのでleansdrに付属するleaniiorxを試している。ソフトrtl_sdrのPlutoSDR版という感じで,出力形式は16it singedになっている。

が,iio関連のエラーが発生して動かない。

% ./leaniiorx  -f 1246000000 --bw 2000000 > capture3.iq
iio_create_default_context: No such file or directory

leaniiorxとPlutoSDRとの通信はlibiio経由なので,公式wikiに従って動作確認すると,似たメッセージが表示される。通信方式は2種類あるが,コマンドでローカルバックエンド(local devices)が見付からない。それが原因か?!

% iio_info -s
Library version: 0.15 (git tag: 6ecff5d)
Compiled with backends: local xml ip usb serial
Available contexts:
	0: 0456:b673 (Analog Devices Inc. PlutoSDR (ADALM-PLUTO)), serial=10...e3 [usb:3.11.5]

ローカルバックエンドは公式wikiによると interact with the hardware through the sysfs interface of the Linux kernel. だとかで,githubにthe virtual file names found in the /sys/bus/iio/... structure when a device is directly attached to the host hardware という情報があるが,/sys/bus/iioは作成されない。うーん...

追記:仮想環境だがubuntuマシンでも,/sys/bus/iioは作成されなかった...

ソース:leaniiorx.ccに気になるコメントがあるが,関連は不明だ。

 // Hardcoded for PlutoSDR v0.22. TBD auto-detect instead.
 off_t cmabase = 0x0e400000;

本日の衛星: XW-2C, CAS-4Aで交信。CHALLENGERをデコード。

openSUSE Leap 15にアップグレード #32018/08/09 20:37

幾つか気付いたことをメモとして残しておく。

① /var/tmpの自動削除

/etc/tmpfiles.d/tmp.confで初期設定したが,/var/tmpが消えてない!ことに気付く。いまはsystemdで管理されており,下記コマンドで確認したら,スケジュール化されていた。

% sudo systemctl status systemd-tmpfiles-clean.timer

が,削除コマンドを手動で実行しても,削除されない。

% sudo systemd-tmpfiles --clean
[/etc/tmpfiles.d/tmp.conf:13] Duplicate line for path "/var/tmp", ignoring.
[/usr/lib/tmpfiles.d/var.conf:21] Duplicate line for path "/var/lib", ignoring.
[/usr/lib/tmpfiles.d/var.conf:23] Duplicate line for path "/var/spool", ignoring.

面倒なので,tmpwatchをインストールする。時代に逆行するが,良しとする。確かに,古いファイルが消えた。ディレクトリが一部残ったが,flagsにumcを指定したのでシカタガナイ。そのうち消えるでしょう。

② PCManFMでISOファイルのアイコンが変わった

「ルックアンドフィールを設定します」で「アイコンテーマ」でGNOMEを選択すれば,元通りになる。SUSEの初期設定,微妙〜

今朝の30m WSPR2018/08/07 20:13

WSPRnetより

Ultimate3S(250mW)で,1万km越えでアメリカ東海岸に到達+ヨーロッパにも到達。気持ち良い朝になった。添付画像はWSPRnetの画面コピーだが,Googleマップが正しく読み込めないエラー表示が ^^; 続きます。

Weak Signal繋がりで,40mのJT65/FT8。運用を開始して約半年経つが,BITX40(4W)では,国内専用な日が続く。相手局とのレポート差を考えるとシカタガナイ感があるが,...です。

新規FWDパートナー開拓 #82018/08/06 21:48

前回のRBBS-リンク新設から2年,N3HYM局から転送依頼があった。

そもそも彼(の使っているBPQMAIL)は相性が良くない。過去ログによると,前回もBPQMAILで難儀していた。次回からはBPQユーザの依頼は断ります!きっと

開通から1週間が経過,いまは安定してリンクできてます(接続回数は10回/週と,控え目だけど)。