predict 2.2.72020/10/18 17:08

amsat-bbからの情報。軌道計算ソフト:predictの最新版が公開されたので,コンパイルしたら「ncursesの広域変数を更新する箇所」でコケた。作者のジョンさんにコンタクトして,自分のマシンでもコンパイル可能な修正版をリリースしてもらった。

predict.c:6670:11: error: lvalue required as left operand of assignment
   ESCDELAY=50;  /* Reduce [ESC] response to 50 ms */
           ^
PREDICT compilation failed!  

同時にAndroid版もリリースされたが,Termux(Android用Linux環境)向けのソースだけで,Termux内に(ソフトキーボードを使って)コンパイル環境の構築から必要で,断念した。

本日の衛星: XW-2A, CAS-4Bで交信。

gr-satellites v3.5.02020/10/15 12:03

gr-satellitesの最新版が公開された。サポートする衛星をコマンドラインから確認する新機能は便利と思ったが,実行すると 衛星ごとに周波数×モードの一覧が表示されて 一画面に収まらなかった。衛星は全部で167個!あり,やっぱりwikiを見るかも ^^;

% gr_satellites --list_satellites
Satellites supported by gr_satellites v3.5.0:
* 1KUNS-PF (NORAD 43466)
    1k2 FSK downlink 437.300 MHz FSK AX100 ASM+Golay
    9k6 FSK downlink 437.300 MHz FSK AX100 ASM+Golay
(中略)
* Zhou Enlai (NORAD 43156)
    9k6 BPSK downlink 436.420 MHz BPSK AX.25 G3RUH

それから録音ファイルの再生時にタイムスタンプ表示が可能になった。録音開始時間は --start_timeの引数:START_TIMEで指定するが,書式は YYYY-MM-DDTHH:MM:SS or 'YYYY-MM-DD HH:MM:SS' だそうだ。

GitHubでは,リリース後もSX1268モデム(FOSSASAT用)/AX100モデムASMモード(VZLUSAT-2用)などのサポートの議論が進んでおり,追いつけないです。

VirtualBoxのゲストOSの時計を合わせる2020/10/13 18:08

受信した衛星ビーコンは仮想マシン/Ubuntuで動かすtlm_forwarder経由でSatNOGSに送っているが,タイムスタンプが1分以上狂っていた。恥ずかし〜。

ゲストで実行していたツモリのsystemd-timesyncdは/usr/sbin/VBoxServiceを検出して停止していた。ググるとゲストではntp他のサービスを停止する必要があるそうで,VirtualBoxでホストとゲストの時間同期を<誤差1秒以内>となるよう設定した。

% VBoxManage guestproperty set Ubuntu "/VirtualBox/GuestAdd/VBoxService/--timesync-interval" 10000
% VBoxManage guestproperty set Ubuntu "/VirtualBox/GuestAdd/VBoxService/--timesync-min-adjust" 100
% VBoxManage guestproperty set Ubuntu "/VirtualBox/GuestAdd/VBoxService/--timesync-set-on-restore" 1
% VBoxManage guestproperty set Ubuntu "/VirtualBox/GuestAdd/VBoxService/--timesync-set-threshold" 1000

本日の衛星: AO-92を 久しぶりに デコード!

ISS PACKET2020/10/11 10:27

デジ復活して,コールサインがNA1SSに変った。デジを試すが自分ではデコードできず,JA0CAW, JJ1WTKに拾ってもらった。TNXです。

NA1SS>0P0PR4,APRSAT:'v&<0x1c>l <0x1c>SI]ARISS-International Space Station=<0x0d>

[0L 10/11/20 09:13] JH4XSY>APRS,ARISS:=/<BjfqlEE-  B73' Via ISS 
[ig>tx] JH4XSY>APRS,NA1SS*,qAR,JA0CAW:=/<BjfqlEE-  B73' Via ISS

その他の衛星: CAS-4A,B,RS-44で交信。+AMSAT-UKのコロキウムにZOOMで参加。

ARISS SSTV2020/10/09 11:13

ARISS SSTV

今回のイベントでは,SuitSatやARISSat-1などの懐かしいアマチュア衛星の画像が降りてきた。が,文字が小さく判別が難しい。文添付画像はRS-21みたいだ。