FossaSat-1B2022/10/04 17:20

新LoRa衛星: FossaSat-1Bを追っている。tinyGSでは1レポートのみで,当局では いまだ デコードできず。

今回はCWビーコンの機能があるそうだが,SatNOGSに受信レポートは まだ あがっていない。

QUBIK 3をデコード2022/10/02 09:27

新衛星 QUBIK 3のデコードに成功した。プリアンプはOFFだったのに,よく取れたと思う。受信はsatnogs-client任せなので,TLE・受信周波数は把握/指定してない。

qubik-comms-swで公開されているGNU Radio フローグラフで録音ファイルを処理してみた。デコーダ出力をJSON形式に変換しており,SatNOGSにアップされた結果とは違う値になっている。

$ ./qubik_receiver.py 
{
    "decoder_crc_valid": true,
    "decoder_name": "IEEE-802.15.4",
    "decoder_symbol_erasures": 0,
    "decoder_version": "1.0",
    "extra": {
        "Coding": "RS"
    },
    "pdu": "DsJxcRgAAHIAMRBl8RP+mA6IEQAoD9wXABcP2hMX/(以下省略)
    "sample_cnt": 1340,
    "sample_start": 1216238,
    "time": "2022-10-02T00:38:05.641851Z"
}

衛星の状態はdashboardで確認できる。

その他の衛星: CAS-4A, RS-44, CAS-4B で交信。

LoTW登録2022/10/01 17:58

TQSL

CQ誌(2022年10月)の「LoTW登録のススメ」を読んで,重い腰を上げる。

専用ソフト:TQSLは,LinuxマシンにYaSTを使ってパッケージをインストールした。コールサイン証明書は固定局⇛移動局の順で申請する必要があり,コールサイン証明ファイル(tq6ファイル)のインストールまで終わる。

本日の衛星: CAS-4A, RS-44, CAS-4A, XW-2Cで交信。新衛星QUBIK 4の信号が視えたが,デコードできず。

Light-1をデコード2022/09/23 16:59

gr-satellitesでLight-1とBlueWalker 3がサポートされた。framingはReaktor Hello Worldと同じだが,syncwordが違うそうだ。

Light-1の午後パスを受信して,gr-satellitesを使ってデコードできた。

gr::log :INFO: crc_check0 - CRC fail
gr::log :INFO: crc_check0 - CRC OK
* MESSAGE DEBUG PRINT PDU VERBOSE *
((transmitter . 2k4 FSK downlink))
pdu_length = 93
contents = 
0000: 01 20 00 30 45 02 01 00 00 a5 00 58 00 00 00 00 
0010: 00 00 00 5a 00 00 00 02 00 02 00 01 00 24 00 00 
0020: 00 13 14 13 13 11 12 11 11 11 08 7f 7f 11 7f 00 
0030: 00 00 24 08 00 00 00 3b 8b 3d 00 1a 00 00 00 00 
0040: 82 8c 40 00 40 ce 3d 00 00 00 40 00 00 3a 42 00 
0050: 00 c0 bf 00 00 38 41 00 00 0e 42 00 00 
***********************************

その他の衛星: XW-2C, RS-44, CAS-4A, FO-99で交信。

sattools2022/09/22 19:59

QUBIKの初期TLE,fireflyの打ち上げが延期になって使えなくなったが,sattoolslaunchtleで計算できるそうだ。新/旧の打ち上げ日時からEPOCを最新化してくれる。

$ cat pre.tle 
QUBIK-3
1 99337U          22254.95968750  .00000000  00000-0  50000-4 0    07
2 99337 137.0267 333.0633 0003944 246.3675 108.5099 15.91459604    09
$ launchtle -c pre.tle -i 99337 -t 2022-09-19T22:00:00 -T 2022-09-30T07:01:00 -I 99337
1 99337U 14900A   22265.33538194  .00000000  00000-0  50000-4 0    00
2 99337 137.0267 118.5401 0003944 246.3675 108.5099 15.91459604    08

sattoolsのbuildにはpgplot5他のパッケージ追加が必要と書いてあるが,launchtleだけmakeするなら追加不要だった。