続・gr-lilacsatをラズパイで動かす2020/08/04 17:03

ラズパイ4+フルセットのgr-lilacsat(フロントエンド/RTLSDR〜デコーダ)にて,BY70-2をデコードできた。フロントエンドを動かすとPi2ではデータを取りこぼしたが,Pi4では問題なし。強いて言えば,コンステレーション図の更新が遅い気がする(ロックが一瞬で見落としがち→スクショも取れず)。

このトライアルで,ラズパイ4が↑FM/↓CODEC2な衛星で実用になるのが分かって良かった。この受信環境は,PiSDR(ラズパイ向けのSDR Distro)なるOSイメージをSDカードに書き込めば利用できるので,簡単&コスパが高くてステキです。

残る課題の「サーバへのアップロード」は,tornadoを4.5.3にダウングレードしたら成功した/RTFMだった。

openSUSE Leap 15.2にアップグレード #32020/08/03 16:54

設定は続く。

  • IC-7300用のサウンドカード設定は,pavucontrolのInput/Output Devicesでレベル調整だった(Pocketから発掘)
  • gr-fcdproplusは,"Bundled hidapi is used"すると"undefined symbol: hid_exit"でImportErrorとなるので,hidapi-libusbをインストールするのが吉だった

パッケージは棚卸し→見直し中。インストール済みのrpmは▲425個になった。

  • predictはmakefileを用意したことを忘れてた。本家はv2.2.6になっていたが,管理できる衛星の数に変更なく採用見送り
  • fswebcamは最新版(20200725)に更新;webp形式が新たにサポートされたが,恐らく使わないだろう
  • Logwatchは,監視対象がimap, sshd, smartdなどと増えて❤
  • 標準添付になったエディタ:mousepadは,漢字コードを自動認識しないのでleafpadに戻した
  • Googleドライブへのバックアップは,SUSE公式リポジトリにあるrcloneに変更した
  • clamavは,OBSのsecurityリポジトリに切り替えた
  • VirtualBoxは,SUSE公式リポジトリに切り替えて,OracleのExtension Packをインストールして使用中

gr-lilacsatをラズパイで動かす2020/08/01 22:05

gr-lilacsatをPi4で動かす

Pi4だと "codec2の処理が重たい" gr-lilacsatが動作する。本日21時のパスで,BY70-2のビーコンをデコードできた!が,demod_by70-2.grcの修正が必要!だった(Plan13 CCを有効化して,緯度/軽度,TLEを手動で設定と,従来衛星とはノリが違った)。あとサーバへのアップロードは失敗した(WebSocketのopen表示なし...)。

追記:phantom packetsは(gr_satellitesに比べると)少ない感じ。

デコード中のCPU温度は55℃で空冷Fan SHIMは回転せずとまだ余力あるが,frontendはラズパイで動かしていない。何故かと言うと,Pi4に更新してからPi SDRがFCD Pro+を認識するが制御できないので,別マシンでfrontend_lilacsat1_rx_fcdpp.grc改を動かしてPi4に流し込んでいる。

その他の衛星: XW-2A, FO-29, CAS-4Bで交信。

smogcli2をラズパイで動かす2020/07/30 12:28

受信環境を複数台のPCに分散させるべく,ラズパイをPi2からPi4に更新した。本体+電源+HDMI->Micro HDMI変換ケーブル+ケース+CPUファンで\12千円なり。

まずATL-1をデコードしてみた。smogcli2はPi4だと複数の衛星を同時録音できるそうだ。ソフトは導入時からバージョンアップがあって,デコード結果表示がスッキリした+デコード結果からテレメトリ内容を表示するプログラム(atl1_packets, smogp_packets)が追加されていた。

% ./smog_decode -p -v -d-0 -s-0 -t-0 *.cf32
INFO: reading ATL-1_14822.00155595_JH4XSY.cf32, writing ATL-1_14822.00155595_JH4XSY.pkts
INFO: using metafile ATL-1_14822.00155595_JH4XSY.meta
INFO: finished ATL-1_14822.00155595_JH4XSY.cf32, samples: 23481600, speed: 0.266652 msps, tone detected: 106360 pkts, sync detected: 149 pkts
INFO: decoded data packets: 4, RA128: 4, 5000 bps: 4
INFO: decoded sync packets: 5, 5000 bps: 5, RA128: 3, receiving: 2
% ./atl1_packets ATL-1_14822.00155595_JH4XSY.pkts 
...
	Beacon message: Hello World! ATL-1 is alive!

openSUSE Leap 15.2にアップグレード #22020/07/27 20:33

設定進行中。設定メモが残っておらず勘所が分からない+ソフトのバージョンアップで設定箇所が変わって苦戦中。

  • certbot:ソフトが本体+nginx pluginに変わったが,コマンドと引数に変更ない事をdry-runで確認した。あと証明書の更新はsystem-timerが流行りみたいだが,crontabを使うことを貫く。
  • Courier IMAP:dhparams.pemが必要となり,mkdhparamsにて作成した。
  • dnsmasq:設定を間違えてipv4 onlyなマシンで名前解決できない状態だった;win機はipv6に移行済みで気付くのが遅れた。
  • nginx:設定をSSL Server Test + Mozilla SSL Configuration Generatorにて設定を見直す。
  • obcm:再コンパイルできず。
  • oww:再コンパイルできず。
  • samba:設定をserver roleを使って書き直す。
  • predict:再コンパイルできず。
  • wsjtx:音量設定が保存されない。