Courier-IMAPを導入2006/01/06 22:52

重い腰をあげて,Courier-IMAPを rpmから 導入。設定は日経Linuxの 「自宅メール・センター」化計画 を参照。xinetdの設定は不要だ。

SUSEでは,YaSTのランレベル・エディタで courier-imap-ssl を「有効にする」とすること。

Thunderbirdから IMAPS で接続したら繋がったが,「セキュリティエラー:ドメイン名が一致しません」と表示される。アレっ SSLの設定は何処でやった!?

ググると imapd.cnf の [req_dn] をサイトの構成にあわせて編集して,rootで mkimapdcert せよ。と書いてあった。

適当な TLS_CERTFILE なので,Thunderbird は「Webサイトが未知の認証局により認証されています」と表示する。「証明書を審査」して,「今後 この証明書を受け入れる」ボタンを押すこと。

あとは Thunderbird のローカルフォルダから IMAPサーバ にメールを移動すれば,メールの一元管理に 一歩 近づくよ。

コメント

_ JE1SGH ― 2006/01/08 21:00

こんばんは.私はずいぶん前からimapdでやってます.1度imapdにしてしまうと,PC側に取り込むpop等は不便で使えませんね.
SSL化にはけっこう苦労しました.できてしまえば何でもないですが^^; 当方は,例によってSlackwareのため,cert作成も全部手作業です^^;;
MacOS XからはAppleのMail, WindowsからはThunderbird, LinuxからはKDEのKMailでアクセスしてます(KDE 3.5のKMailはバグってますが^^;) .案外一番安定して使いやすいのはAppleのMailです.

_ JH4XSY/1 ― 2006/01/08 22:34

JE1SGH局、こんばんは。Windows PCが2台になりそうなので、その準備です。後日談もありまして、設定に難儀しています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2006/01/06/201967/tb

_ Life + Radio - 2006/01/12 12:58

モバイル環境からVPNを利用できれば,セキュリティーはVPN任せにして,どんなサービスも利用できます.ただし,唯一の例外が,メールです. どこかのマシンからPOPで読み込んでしまったら,そのメールはそのPCのローカルディスクに取り込まれてしまいます.PO...