WB8WGAの$25 TNC #42006/06/11 19:10

WB8WGA の $25 TNC,やっと完成しました。

STEP4

変調回路は PIC 16F88 に抵抗を4本つけるだけ。これで ピーギャー と鳴るそうだ。PTT 回路も作る。

オーディオ出力を無線機のマイクに接続して,CALIRATE コマンドを実行。スペースキーを押すとマークとスペースが交互に変わるので,別の無線機でモニタしながら変調レベルを R12 で調整する。

cmd: calibrate
              Calibrate Mode. SP to toggle; ctl C to Exit

実際にパケットを出してみた。PTTも効く。

cmd: converse


***  Converse Mode, ctl C to Exit
hello from MODEMLESS TNC

(CTRL-C)
cmd:

このパケットは XASTIR + TNC-22 で モニタすることができた。次は実際に交信してみよう。

2:TNC-> JH4XSY>APRS,WIDE:hello from MODEMLESS TNC

コメント

_ JF7ELG ― 2007/01/10 22:20

有効な情報ありがとうございます。私もPICTNC造ってみました。UI-DIGIは問題なく動いていますがUI-VIEW32からの初期化コマンド(xxx.cmd)ファイルの内容をどうすればいいのかわからずです(;_;)

_ JH4XSY/1 ― 2007/01/11 19:58

PIC-TNC と APRS クライアントソフト(UI-VIEW)を組み合わせて使用したことがないので、コメントだけ。
コマンドが少ないので APRS クライアントソフト用の設定は難しいかも。例えば xxx.cmd から PIC-TNC で使用できないコマンドを列挙、その中に AUTOLF OFF があると改行コードの違いから受信できない。パケット送信時に UI-VIEW が kコマンド 発行すると PIC-TNC から送信できない。などが考えられます。

_ JF7ELG ― 2007/01/12 21:39

回答ありがとうございます。改行コードの関係ですかね、converseを送るようにしていますがうまくいかない状態です。もう少し試してみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2006/06/11/401130/tb