FCD で見る KKS-12011/03/14 17:58

Linrad で見る KKS-1

今日は列車が動かず,自宅待機。何度か揺れる。APRSクライアントで7エリアを見ると,地震のオブジェクトが沢山あった。広域デジとして ISS を利用するケースが考えられるので,SatGATE は輪番停電しない限り,動かすこととする。

funcube M/L で linrad の話題が出たので,7年ぶりに試した。最近は X Window な環境でも動作するようだ。ソフトを起動すると設定は対話的に進む。サウンド環境は native ALSA + PulseAudio を使用して,ラジオ・インターフェースは direct conversion を選択した。

添付画像は xlinrad の SSB モードで,KKS-1 の CW ビーコンを受信しているところ。動作は軽い。GUIはシンプルで,操作方法はマニュアルをよく読まないと判らない。だろう。

funcube M/L からは hamlib で FCD がサポートされるとか,cutesdr が開発中とか聞こえてくる。FCD の linux での利用環境が整いつつある感じだ。

追記:xlinrad は Windows でも動作する。FCD だと Pentium II 350MHz でも動作するとのこと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2011/03/14/5740275/tb