LitSat-1 初デコード2014/03/01 09:35

LitSat-1からのビーコン

先月末に打ち上げられた衛星群を追い始めた。

最初はLitSat-1,↑435MHz/↓145MHzのリニア・トランスポンダー搭載の期待の衛星だ。

ISS から放出されたばかりなので,AOS時間はISS に合わせ,受信周波数は固定で待機。145.850MHz AX.25 G3RUH。

9時のパスを聞くと,強力な信号が,数秒おきに降りてくる。が,デコードできたのは1フレームだけ。

パケットを見ると from LY1LS to TNC と面白い。

追記:ARTSAT,夜中にSDRで録音したCWビーコンの受信報告を送った。軌道要素は Object-B を使用。

コメント

_ JO1PTD ― 2014/03/02 22:10

新衛星の受信、好調のようですね。夜中に録音というのは、アンテナも追尾させているのでしょうか。すごいですね。
当方、受信したはずのLitSat-1のCWファイルに何も入ってなくてがっかりしています。このように順調ではないですが、OnlineKissなど使えるようにしたいです。ご健闘を祈ります。

_ JH4XSY/1 ― 2014/03/03 21:52

新衛星,ボチボチと追ってます。空が南西方向しか開けていないので,アンテナを回す必要がありません (^^; aprs.fi で見るとビックリするかも,です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2014/03/01/7234688/tb