fcdec #42014/03/13 20:13

AO-73のビーコンによると The aim of the switch on 22 Mar is to check the effect on the satellite of continuous amateur mode, especially battery temp. で 3/22日の実験に,期待大です。

さて AO-73の無人受信,FCDが燃えたのでFCD Pro+を使って環境を構築中。

先ず,FCDの制御プログラム:qthidはFCD Pro+をサポートしていないので,FCD Pro+に対応したfcdctlをhackした。fcdctlのhid-libusb.cをqthidのhid-libusb.cのコードで置き換える。

*** hid-libusb.c    2014-03-12 22:12:24.319246694 +0900
--- hid-libusb.c.org    2014-03-04 21:33:51.679667467 +0900
***************
*** 756,767 ****
         if no transfers are pending, but that's OK. */
      libusb_cancel_transfer(dev->transfer);
 
!
!        if (libusb_cancel_transfer(dev->transfer) == 0) {
!                /* The transfer was cancelled, so wait for its completion. */
!                libusb_handle_events(usb_context);
!        }
!        
 
      /* Now that the read thread is stopping, Wake any threads which are
         waiting on data (in hid_read_timeout()). Do this under a mutex to
--- 756,763 ----
         if no transfers are pending, but that's OK. */
      libusb_cancel_transfer(dev->transfer);
 
!     while (!dev->cancelled)
!         libusb_handle_events_completed(usb_context, &dev->cancelled);
 
      /* Now that the read thread is stopping, Wake any threads which are
         waiting on data (in hid_read_timeout()). Do this under a mutex to

テキトウなhackだが,FCD Pro+の受信周波数を 無事? 設定する事ができた。

% fcdctl -f 145.925
Freq set to 145.925000 MHz.
% fcdctl -l
  nr   USB path       firmware   frequency         LNA gain   audio device
  0    0002:0003:02   20.03       145.925000 MHz   enabled    card2

次に録音で躓く。FCD Pro+はサンプリングレートが192k固定なので,録音後に soxで FCDに合わせて 96kで再サンプリングし直す必要がある。

sox -q -r 192k -e signed-integer -b 16 --endian little -c 2 $IQ_FILE1 -r 96k $IQ_FILE2 >> $LOGFILE 2>&1

FCD Pro+で運用を続けると、イロイロと分かってきた。

録音時にoverrunが発生する。soxで指定するAUDIODRIVERをalsaから(作者推奨の)pulseaudioに変更して解消!した。FCD使用時にはOKだったんだけどね。

デコード数が激減している。ログを調べるとfilterコマンドのオプションG=200のときにデコード数=ゼロが多発している。G値の調整が必要みたいで,新パラメータで昨日から運転中,カイゼン!を確認した。

G=25 gave 31 packets; G=50 gave 22 packets
   *** Unique packets: 32

STARS-II 初受信2014/03/16 18:47

今週末は STARS-II を リアルタイムに無線機で 受信してみた。

JAMSATシンポジウムで「親機(JR5YDX)は聞こえる」と聞いたので,軌道要素 39579 を使って親機:437.245MHz を待ち受ける。CWビーコンは それなり の強度で入感していた。

M5 FFFF29B2
JR5YDX

受信レポートを送ると,STARS-IIの報告者:JH5AEX 大川OM から返事あり。

LitSat-12014/03/19 22:00

JE1CVL局のblogで,ビーコンは145.845MHzで受信すると良い!との情報を得た。その設定で本日早朝のパスを待ち受けたら,44パケットを受信することが出来た。確かに良く捕れる(軌道要素は39568を使用)。

ビーコンを捕るのは,トランスポンダの状態が知りたいから。ビーコンの文字列からは判らないので,公開されたData Decoderが頼り。

http://www.litsat1.eu/en/radio-amateurs/

ハードTNCを接続してみる。付属ドキュメントにTNCの設定が書いてなかったが、画面を見るとコールサイン部が文字化けしていたので、TNCをKISSモードに設定してみた。

が,デコードした文字列が流れて来ない... 他の通信ソフトを立ち上げると,文字列が どっ! と流れる。謎だ。

LitSat-1 Data Decoder2014/03/21 13:19

LitSat-1 Data Decoder

(手持ちの)通信ソフトを幾つか試したが,TNCからの受信パケットを表示できないのは Data Decoder だけ!だった。

KPC-9612+⇔AGWPEの通信は問題ないので,ST2NH局のblogを参考にして,構成してみた。今更だが 仮想comポート・ソフト って便利だな。

KPC-9612+(COM3)→AGWPE→AGW Online KISS(COM7)→VSPE→Data Decoder(COM7) 

本日10時のパスでテレメトリのリアルタイム・デコードに成功した。ちなみに,LitSat-1のトランスポンダは 本日も OFF だった。

RTL-SDRをGNU Radioで使う2014/03/22 22:53

GNU-Radioを使った受信環境だが,FCDが燃えたので,RTL-SDRを試している。

お約束?のFM受信に,下記フローグラフを参照して,挑戦してみた。

実行するとエラーが表示される。udevルールの更新が必要とのこと。

gr-osmosdr v0.0.2-60-g084d193a (0.0.3git) gnuradio 3.6.5.1
built-in source types: file fcd rtl rtl_tcp rfspace
...
usb_open error -3
Please fix the device permissions, e.g. by installing the udev rules file rtl-sdr.rules

FATAL: Failed to open rtlsdr device.

rtl-sdrの配布フィアルにあるrtl-sdr.rulesの中からR820Tを探して,/etc/udev/rules.d/20-rtlsdr.rulesを作成して,下記コマンドで 新しいルールを適用 するが,症状にカイゼンなし。

% sudo /sbin/udevadm control --reload-rules

rtl-sdrのドキュメントによると In order to be able to use the dongle as a non-root user, you may install the appropriate udev rules file by calling cmake with -DINSTALL_UDEV_RULES=ON argument in the above build steps. とのことで,rtl-sdr->gr-osmosdrをmakeし直して,認識した。

Using device #0 Realtek RTL2838UHIDIR SN: 00000001
Found Rafael Micro R820T tuner
Exact sample rate is: 1000000.026491 Hz

が,FFTウインドなどGUIパーツを表示すると,エラーになる。

Using Volk machine: sse4_2_64_orc
The program 'python2.7' received an X Window System error.

ビデオカードの撤去前には見なかった現象で?になる。ググると設定ファイルの変更でOKらしい。

<install_prefix>/etc/gnuradio/conf.d/gr-wxgui.conf の style = auto -> nongl で解決。内蔵ビデオはGLに未対応だが,AUTOを名乗るなら自動でnonglと判別して欲しい,ぞ。