seccheck2015/06/01 21:26

openSUSE付属のセキュリティ チェック・スクリプト:seccheckを,SUSEの頃から使っている。 daemonが〔死んだ|動かし忘れた〕とか,判るので好き。

openSUSE 13.1にしてから Security CheckerMonthly security check の結果メイルの表題が「空」になのだが,修正プログラムの配信もないし,そもそも実害がないので放置していた。

やっぱり気になるのでググると,bugzillaにレポートと解決策が載っていた。security-control.shを編集して待つこと約一ヶ月。今朝起きたら,表題付きのメイルが届いていた。スッキリ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2015/06/01/7660300/tb