gr-aausat2016/05/23 19:23

gr-aausatでAAUSAT4 CSPビーコンのデコードに成功!

世の中にはスゴイ人が居て,AAUSAT4のCSPビーコンをGNU Radioを使って大量にデコードしたそうだ。

CSPビーコンのデコーダだと,LilacSat-2用が公開されており,符号化はAAUSTと共通だが,同期ワードが"1ACFFC1D"→"OZ5CUB"で,転用/改造を諦めていた。(仕様が微妙に違うのは,勘弁して欲しいが,同期ワードにコールサインは+1票)。

受信環境を構築してみた。

サンプルIQファイルは,受信周波数固定で録音されており,ドップラーシフトをgpredictを使って補正している。補正はリアルタイム+過去の日時に遡ることも可能。

再現性は高いハズなのに,デコードができない日が続いたが,やっと成功した! IFタブでCWビーコンのピークがセンターに来るように,"Fine Tune"するのがポイントっぽいが,画面コピーには失敗した。

----------------------------------------------------------------------
Tag Debug: 
Input Stream: 00
  Offset: 1056236  Source: correlate_access_code_tag_bb6     Key: syncword   Value: 0
----------------------------------------------------------------------
FSM =  59
Trying to decode as long packet: 250 FEC bytes, 92 data bytes
--------- CSP PACKET -------------
data =  00ad9248270003000e1a8c572cc79e6e0ed9c60815021415a36006077c5128ffab0000fc0b0063
030200000000000000000000000000000000000000000000000000000016100000000ffff0000000000000
000000000004af2
length =  90  bytes
bit_corr =  3
byte_corr =  0
----------------------------------
CSP header: 以下,省略