hamlibでVFO操作2016/12/13 20:56

IC-910のSub VFOに接続したGMSKモデムで,145MHz/435MHzのGMSKビーコンを受信できるように,hamlibでVFOのMain/Subを切り替えてみた。

hamlibのマニュアル/sourceによると,Gコマンド+XCHGオプションにて band exchange MAIN and SUB がサポートされているが,動かない。

Rig command: G
Mem/VFO Op: XCHG
vfo_op: error = Feature not available

自作スクリプトの都合でIC-910のCI-VアドレスをIC-821の値に設定変更したのを忘れていた。確かに ic821h.c には no XCHG と書いてある。CI-Vアドレスを元に戻したら,XCHGオプションが使用可能となった。

Rig command: G
Mem/VFO Op: ?
CPY XCHG FROM_VFO TO_VFO MCL 

自作スクリプトにて145MHz/435MHzのGMSKビーコンを追って1週間以上経つが,145MHzでは成果ゼロが続く...

本日の衛星:BISONSAT, GRIFEX, MCUBED-2, UNISAT-6, TIGRISAT, POLYITAN, BUGSAT-1, STRAND-1, ISSをデコード。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2016/12/13/8275072/tb