openSUSE Leap 42.3にアップグレード2017/09/30 19:47

何となくアップグレードした。

問題なく動いているが,/etc配下の*.rpmnewを調べたらpostfixで(も)見付かった。新main.cfを見るとcompatibility_level = 2 の設定に?になる。systemdジャーナルを見ると,trivial-rewriteがusing backwards-compatible default setting (中略); please add "localhost" to mydestination or other address class" とのことで,重い腰をあげて,設定更新した。

本日の衛星:AO-73, XW-2Cで交信。 いま話題のFalconSAT-3を受信したら,テレメトリにd:1が表示されて懐かしかった。

コメント

_ JE1SGH ― 2017/10/11 15:42

openSUSEもsystemdなんですね.
Slackwareはどうなるんでしょう^^;

_ JH4XSY/1 ― 2017/10/11 21:05

コメントTNXです。systemdはlogまわりが馴染みません。それからslackwareは古風なタイプなディストロなので,移行しないのでは?!と思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2017/09/30/8689408/tb