BITX40でRTTYデビュー2018/01/28 15:26

BITX40によるSSB QSOが成立したので,デジタル・モードに進んだ。

BITX40の改造として,オーディオ信号の取り出しポイントをVOLUME1のPIN1に変更し,モニタ用にスピーカーをスピーカーホルダー(SPK-1)でケースに取り付けた。

各種モードを自分の設備でモニタした結果,RTTYに落ち着いた。理由はRTTYが学生時代の憧れのモードだったのが大きい.と書いておく。

追記:ソフトはMMTTYを使った。ポイントはサウンドカードのクロック補正だったが,その必要はなかった。最近のPCってスバラシイ!

で本日,RTTYでの交信に成功した。コール1発で返ってきてビックリ&感動した。あと運用はタイプが間に合わない/間違えるで反省・課題が残った。

本日の衛星:CAS-4B, XW-2B, AO-73で交信。AO-73は+1局になった。あとITF-2の画像ダウンリンク実験の公式見解書を読んだりする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2018/01/28/8778069/tb