DSLWP JT4検出の可能性2018/07/24 21:05

DSLWP JT4ビーコン,7/1日に聞いて見たが,まったく感なしだった。

うちと同等のアンテナで受信できたダニエルさんのサイトを見て,受信WAVファイルを処理してみた。

ダニエルさんはFCDPP+Linradで録音して,(おそらくsoxを使用して)WSJTの録音ファイルと同じサンプリングレート:11025 Hzに変換している。録音ファイルは1時間30分間あったが,WSJT-Xにかけると再生が1分で終わり,JT4Gがデコードできたのか判らず。

WAVファイルの処理結果は以下の通りで,デコード出力なく,検出のみだった。

% python3 dslwp_jt4.py dslwp.wav ea4gpz ea4gpz
Start time: 2264.34s
Frequency: 17.5Hz
SNR: -31.9dB in 2500Hz

ビーコンの送信時間が判ったので,オーディオ・エディタ:Audacityでその前後1分を切り出してWSJT-Xにかけてみた。メッセージに $# と表示されたが,デコードなしでチョット安心(信号レベルは-34→-24に変化)。

比較のため,JA0CAWさんの受信WAVファイルを処理した。デコード有りだと信号が強いね。シングル八木でも検出だったら可能かも...

% python3 dslwp_jt4.py Mon_180616_104100_ja0caw.wav ja0caw ja0caw
Start time: 2.63s
Frequency: 625.6Hz
SNR: -18.8dB in 2500Hz

その他の衛星:この暑さの影響か?SatNOGSに繋がらない (^^;

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2018/07/24/8924784/tb