IC-7300の時刻同期2019/11/13 21:32

ネットサーフィンしてIC-7300を時刻同期するpythonスクリプトを見付けた。内部時計がズレてきたので助かる~。が,実行するとエラー/型変換に失敗する。gmtoffsetなる変数が用意されているが,time.timelocal()で現地時間を読み込んでおり,補正によりhour変数がマイナスとなっていた。gmtoffsetはデフォルト=ゼロが吉。

あとIC-7300のusbシリアルのデバイスファイル名を固定する方法も見付かった。もしICOM機が複数台になったときは udevルールのATTRS{serial}で機種/個体を指定できるらしい。ちなみに伏せ字部は無線機のシリアル番号と同じである。

% udevadm info -a -n /dev/ttyUSB2 | grep IC
    ATTRS{serial}=="IC-7300 ********"

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2019/11/13/9176511/tb