PocketQubes 高速モード2020/03/27 21:08

BME局から「5000bpsモードに切り替えた」と3/23日に連絡あり。で,本日 やっと/念願の SMOG-P 5000bpsなパケットをデコードできた。例によってsmogcli2を使用。

% ./smog_decode -p -v SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.cf32 
INFO: reading SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.cf32, writing SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.pkts
INFO: finished SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.cf32, samples: 29806400, speed: 3.90271 msps, tone detected: 2819 pkts, sync detected: 32 pkts, data decoded: 18 pkts
INFO: packets encoded using RA128: 0, RA256: 0, AO40: 0, AO40 short: 18
INFO: detected sync packet format indicators: 1250: 0, 2500: 0, 5000: 9, 12500: 0, 25000: 0, 50000: 0, 125000: 0, RX: 4
INFO: decoded packet bit rate 1250 bps: 9, 2500 bps: 0, 5000 bps: 18, 12500 bps: 0, 25000 bps: 0

smogcli2はATL-1と相性が悪いみたい。デコード数を(1250bpsモードで,gndappの頃と)比べると少ない.ようだ。本日は2500bpsモードの信号が流れたが,残念なことに,デコードできず。

% ./smog_decode -v -p ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.cf32 
INFO: reading ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.cf32, writing ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.pkts
INFO: finished ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.cf32, samples: 29982400, speed: 2.74856 msps, tone detected: 6860 pkts, sync detected: 42 pkts, data decoded: 7 pkts
INFO: packets encoded using RA128: 4, RA256: 3, AO40: 0, AO40 short: 0
INFO: detected sync packet format indicators: 1250: 2, 2500: 1, 5000: 0, 12500: 0, 25000: 0, 50000: 0, 125000: 0, RX: 2
INFO: decoded packet bit rate 1250 bps: 10, 2500 bps: 0, 5000 bps: 0, 12500 bps: 0, 25000 bps: 0

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2020/03/27/9228803/tb