本日の30m WSPR2020/03/21 21:40

WSPRnetより

彼岸となり,CONDXが良くなってきた。本日はWSPR@1Wにて南米に到達!できた。 これで全大陸を制覇できたよ。次はFT8@10Wで頑張ります。

本日の衛星:遅く起きて CAS-4Bで交信。

smogcli22020/03/22 10:09

管制局からPocketQubes受信協力者にアンケートがあったので,回答と一緒に「高速パケットのデコードが難しい」と書いたら,「gorgonではなくsmogcli2を推奨」された。その名前の通り,コマンドラインのツールですわ。

受信にはRTL-SDRを使用するので,釣果は期待してなかったが,SMOG-Pの本日8時のパス(最大仰角16度)で高速パケット!(2500bps)を含む計20パケットデコードできたし,BMEにアップロードして全て受理された。素晴らしい!

実行時のログとデコード結果は,gistで公開してます。

補足:smogcli2の使い方は簡単。録音,デコード,アップロードのプログラムを順番に実行するだけ。

本日の衛星:AlSat-1Nをデコード。

30m FT82020/03/25 20:57

在宅勤務が4週目に突入した。東京都が「今週末の不要不急の外出自粛要請」したそうで,来週もテレワークかも。

シャックでの仕事は苦痛だが,朝夕はDXに時間が割けるので,FT8のWKDが増えている。CFM率はeQSLで約2割で,DXCC +5 となった。交信先はWSPRで到達可能な先とほぼ一致している。無理せず,ボチボチと稼いでいきます。

本日の衛星: SMOG-Pは2500bpsモードが続く... 5000bpsモードを待ってます。

PocketQubes 高速モード2020/03/27 21:08

BME局から「5000bpsモードに切り替えた」と3/23日に連絡あり。で,本日 やっと/念願の SMOG-P 5000bpsなパケットをデコードできた。例によってsmogcli2を使用。

% ./smog_decode -p -v SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.cf32 
INFO: reading SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.cf32, writing SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.pkts
INFO: finished SMOG-P_14697.48440561_JH4XSY.cf32, samples: 29806400, speed: 3.90271 msps, tone detected: 2819 pkts, sync detected: 32 pkts, data decoded: 18 pkts
INFO: packets encoded using RA128: 0, RA256: 0, AO40: 0, AO40 short: 18
INFO: detected sync packet format indicators: 1250: 0, 2500: 0, 5000: 9, 12500: 0, 25000: 0, 50000: 0, 125000: 0, RX: 4
INFO: decoded packet bit rate 1250 bps: 9, 2500 bps: 0, 5000 bps: 18, 12500 bps: 0, 25000 bps: 0

smogcli2はATL-1と相性が悪いみたい。デコード数を(1250bpsモードで,gndappの頃と)比べると少ない.ようだ。本日は2500bpsモードの信号が流れたが,残念なことに,デコードできず。

% ./smog_decode -v -p ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.cf32 
INFO: reading ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.cf32, writing ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.pkts
INFO: finished ATL-1_14696.48555829_JH4XSY.cf32, samples: 29982400, speed: 2.74856 msps, tone detected: 6860 pkts, sync detected: 42 pkts, data decoded: 7 pkts
INFO: packets encoded using RA128: 4, RA256: 3, AO40: 0, AO40 short: 0
INFO: detected sync packet format indicators: 1250: 2, 2500: 1, 5000: 0, 12500: 0, 25000: 0, 50000: 0, 125000: 0, RX: 2
INFO: decoded packet bit rate 1250 bps: 10, 2500 bps: 0, 5000 bps: 0, 12500 bps: 0, 25000 bps: 0

新gqrx + FCDPP2020/03/28 18:29

Gqrx SDR 2.12.1 + FCDPP

新gqrxでFCDPPを認識しない問題,Soapy SDR pluginをインストールしたら解決した。

SoapySDRから見た RTL-SDR と FCDPP には違いがあるようだ。FCDPPでは available,label表示なし。

% SoapySDRUtil --find
######################################################
##     Soapy SDR -- the SDR abstraction library     ##
######################################################

[INFO] Found device: 0003:0041:02
Found Rafael Micro R820T tuner
Found device 0
  alsa_device = hw:CARD=V20,DEV=0
  device = Funcube Dongle Pro+
  driver = fcdpp
  hid_path = 0003:0041:02

Found device 1
  available = Yes
  driver = rtlsdr
  label = Generic RTL2832U OEM :: 00000001
  manufacturer = Realtek
  product = RTL2838UHIDIR
  rtl = 0
  serial = 00000001
  tuner = Rafael Micro R820T

そのためか,gqrxのIO devicesリストに「Generic RTL2832U OEM :: 00000001」は表示されるが「FUNcube Dongle V2.0」は表示されず,FCDを使うにはdeviceに「Other」を選択→device stringに「driver=fcdpp, soapy=0」を指定する必要がある。あと理由は不明だが,Input rateは96kだけ,19k2が選択できない。

添付画像は2m APRSを視ているところ。新機能のColor Mapを使って,気分を変えてみた。自分的には「Google Turbo」が好みだ。