direwolfのエラーチェック機能2020/05/06 15:50

新direwolfにてCP-7/BUGSAT-1のビーコンを受信したら「More error checking for valid AX.25 format.」機能が発動した! これらの衛星は旧版でもデコード可能だったので,エラーではなく警告っぽい。AISAT-1のAPRS実装に関して熱く語ったWB2OSZ局らしい機能だ。

WI2XNR-1 audio level = 97(+155/-161)   [NONE]   _||||||||
[0.4 05/03/20 18:08] WI2XNR-1>:(UI cc=00, p/f=0)  <省略>
Station address "" contains nul character.  AX.25 protocol requires trailing ASCII spaces when less than 6 characters.

LU7AA audio level = 67(+103/-101)   [NONE]   _____||__
[0.5 05/06/20 14:53] LU7AA>CQ: <省略>
Station address "LU7AA" contains nul character.  AX.25 protocol requires trailing ASCII spaces when less than 6 characters.

本日の衛星:RS-44で交信。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2020/05/06/9243572/tb