openSUSE Leap 15.2にアップグレード #42020/08/11 08:48

ソフトの更新は片付いてきた。

  • openBCMは,gcc7-c++-32bitの追加でコンパイルできた。
  • owwは,gtk2-develの追加でコンパイルできた。
  • DokuWikiは,Hogfatherにアップグレードした。
  • gpredictは最新版でIC-910でUp/Down周波数の同時制御ができず。原因調査中...

設定は完了(かな)。

  • /var/tmpの掃除は,systemd-tmpfiles-clean.serviceに移行できた。
  • logwatchにて見つけたエラー対応:/etc/courier/shared/indexをtouchする。

本日の衛星: RS-44, CAS-4B,4Aで交信。

ラズパイでMETEOR-M2を受像する2020/08/13 10:14

METEOR-M2 2020/08/13

ラズパイ4でMETEOR-M2の受像に挑戦してみた。gqrxのIQ録音をSDカードに保存すると,ウォータフォール画面が時々フリーズしてコンソールに"OOO..."が出力される。SDカードの書き込み速度が遅くてファイル出力が追いついてない感じ。なので,保存先をUSB3なUSBメモリに変更したら,flawlessにIQ録音できた。

今朝のパスはQSBがあり,受像は歯抜けになったが,動作確認+九州が確認できて良かった。

その他の衛星: CAS-4A, 4Bで交信。Pi4でBY70-2, JO-97をデコード。

gr-satellites v3.3.02020/08/14 12:43

gr_satellitesの最新版が公開された。今回の目玉はwindowsマシンでのbuildがサポートされたことだろう(詳細不明;未検証)。個人的には,KISSファイル出力時にMikeさん準拠のタイムスタンプが追加されたこと/JY1SAT SSDV decoderの入力ファイルがKISSファイルに変更されたのがポイントかな。

% gr_satellites AO-73 --version
gr_satellites v3.3.0
Copyright (C) 2020 Daniel Estevez
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

その他の衛星:RS-44,CAS-4Aで交信。Pi4でMETEOR-M2,EO-88, BY70-2をデコード。BY70-2はBG2BHCさんが火星探査機:Tianwen-1に注力中みたいなのでトラポンOFFが続きそう。

本日の30m WSPR2020/08/20 20:40

WSPRnetより

WSPRで南極に初めて到達!した記念。距離にして1万6千km也。FT8でも南極の局が聞こえるようになってきており,CONDXが上がってきた感じ。

本日の衛星: SMOG-P,BY70-2をデコード。

新gr-frontend2020/08/22 12:16

gr_satellitesのフロントエンド:gr-frontendがGRC 3.8対応になっていた。このソフトにはgr-gpredict-dopplerが必要だが,そのGRC 3.8対応版はghostop14さんから入手できる。

EO-88 本日10時のパスでgr_satellitesとの連携を確認できた。フロントエンドにGqrxを使うときは再生用のサウンドカードが必要だが,gr-frontendだと省略できるので,ちょっと良いかも。

本日の衛星:RS-44で交信, OSCAR QSO Partyでの初交信となった...GLの交換は 何となく やり難い.ね。エントリーにあたりADIFファイルはADIFMasterで用意した。