SatNOGS GS #10 PlutoSDR2022/05/21 10:28

PlutoSDRをsatnogs-clientで利用すべくリトライ中(5/15日〜)。 これまでに,PlutSDRはクロック精度が低いが,client側でPPM補正ができず,PSK受信に難があった事が判っている。

調べると,PlutoSDRに外部クロックを供給するのが王道らしい。 QO-100対応の改造記事がイロイロと見付かった。 外部クロック入力端子はRev.Cならば基板上に備わっているが,当局のはRev.Bで改造が必要だった。 外部クロックは10MHzではダメで20MHz以上が必要という説もあり,GPSDOの選定幅が狭まる。

更に調べると,標準クロックを補正する方法を見付けたので,試してみた。 工場出荷時に補正済みのようで,更に追い込んでみた。

# cd /sys/bus/iio/devices/iio:device1
# cat xo_correction
39999806
# fw_setenv xo_correction 399999612

この設定で,PSKな衛星も受信できたし,Goodな観測に対するデコード成功率がRTLSDR v3に比べて少し良くなった。

あと,PlutSDRのファームウェアを最新版:v0.34に更新したら, satnogs-client他が WARNING: Unknown parameter 'v0.23' in <context> を吐くようになった。 ファームウェアv0.34にはlibiio v0.23が必要だそうで,libiioを野良ビルドしてv0.23に更新して解消済み。

本日の衛星: RS-44で交信。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2022/05/21/9492553/tb