QUBIK2022/09/16 19:19

Libre Space FoundationによるQUBIKミッションに備えてSatNOGS Clientを最新版の1.8.1にバージョンアップしした。

最新版はRaspbianのbullseyeを要求するとのことで,busterからバージョンアップした。今回は,新Raspbian SatNOGS Image(Release: 2022091000) をSDカードに書き込んでクリーン・インストールしてみた。

SDR:Airspy miniは,airspyone_hostとudev ruleをインストールしたら,使えるようになった。素晴らしい!

あとは,satnogs-auto-scheduler,satnogs_lrpt_demod.pyとgr-satellitesを追加インストールしておく。 METEOR M-2のデコードにも成功💖したので,動作チェックは終わりかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2022/09/16/9526458/tb