全文検索サーバ: FESS2023/12/13 20:33

資料探しで難儀をしたので、全文検索システムを試している。

日経Linuxを参考にしてFESS docker版を使ったら、環境構築は楽だったが、色々と悩んだのでメモとして残す。

FESSを起動するとメモリ使用量が+3GBとなり、ビックリした。 テストマシンの主記憶は16GBなので、深く考えず、資料を格納しているフォルダのクロールに進む。

クロールは深夜にスケジュールしたが、コンテナ内のOS環境の標準タイムゾーンがUTCのため、日中に動き出して焦る。メモリ使用量は更に+2.5GB増えたが気にしない。

ブラウザからFESSにアクセスして検索したら、ファイル名に検索語を含むファイルもヒットしてウザい。 そのファイルは生データだったので、 特定の拡張子をクロールの対象外にすれば良いのだが、除外指定が「クロール対象」ではなく「検索対象」を設定する必要があって??になる。 フォーラムを読むまで気付かなかった。

で、検索結果をクリックしたらファイルのダウンロードが始まって、ビックリした。ブラウザ内で(例えば)TEXTファイル表示できない! 公式の解説によると「セキュリティを考慮してデスクトップ検索機能はOFF!」だそうだ。 公式の対策は、変更すべきファイルがコンテナ内に見付からず。別の対策を試して、設定変更したコンテナイメージを保存したが、カイゼンせず(設定ファイルの保存場所が違ってたのが原因?かも)。このままだと、自分の利用イメージに合わず悩ましい。

あとサジェスト機能も微妙。CONTESTを検索したら(下位の方だけど)CONTENTS,CONNECTが含まれるファイルが表示されて、更に悩ましい。

本日の衛星: ISS-FMで交信。HADES-Dを受信、Followed NORAD ID=58567が指定されてTLEが合ってきた感じ。

CaribouLite #72023/10/09 09:19

SDR: Cariboulite、 約3ヶ月ぶりにソフト更新あり。timeout issue対応があったが、 satnogs-clientから利用するとtimeoutが止まらない。

プロジェクトの進展はSMIエラーの原因が判明したことくらい。 HATで使うGPIOのポートがSMI/シリアルポートと共用で、config.txtで enable_uart=0 と設定する必要があるそうだ。 自分はシリアルポートを最初に無効化したので、影響なし。

気分転換に、SMIエラーのissueで言及された(exampleフォルダにある)caribou_dump1090を試したら、SMIエラーはゼロだがデコードせず。 同じアンテナでもRTLSDR+dump1090-faではデコードできるので、何だかな...

ESPHamClock #62023/09/17 16:21

ESPHamClock

HamClockがVer.3.0になった。というか自動アップデートが降ってきた。

最新版を使ってみたが、PSK Reporterからのスポット表示が・⇛●に変更/拡大されて、VOACAP画面が見やすくなった。これまでは、スポットと伝搬予測の表示が標準色だと判別/区別できないバンドがあったのだ。

ちなみに添付画像では、設定画面5で「Spot Path?」をNoに設定して、スポットされた自局GL⇛DX局GLのショートパス表示をオフにしている。

本日の衛星: RS-44で交信。

Airspyの新ドライバ2023/08/12 08:18

astさんがSDR:Airspyのドライバを更新したので、試してみた。

Gainモードの指定方法が変更になっているので注意が必要。従来設定だと、satnogs-clientでRuntimeError: soapy::source: Unsupported setting SENS for channel 0が発生して気づいた。

$ SoapySDRUtil --probe="driver=airspy"

    * Gain Mode - 0 = linearity, 1 = sensitivity, 2 = manual
      [key=gainmode, default=0, type=int]
          ↓
     * Gain Mode - linearity | sensitivity | manual
       [key=gains, default=linearity, type=string]

本日の衛星: FO-99, RS-44, ISS/PKTで交信。

SDR++のrigctl_server2023/08/05 16:01

SDR++とRigctl Server

SDR++ v1.1.0で アマチュア衛星を受信する際に、miscモジュールの「Rigctl Server」を利用すると、軌道計算ソフト:gpredictなどから周波数制御できるようになる。 添付ファイルは、LEDSATのビーコンを受信周波数を固定してモニタしている様子。ただしrigctlサーバにはlocalhostしか指定できないようだ。

このとき Pi2のSDR++サーバに、Win10のSDR++からリモート接続している。 Pi2ではSDR:Caribouliteを接続しており、音声再生は、クライアント側でSDR++ ServerのSample typeを「Int8」にすると安定:途切れなくなる。 ちなみに、Pi2のCPU負荷は、sdrppが約70%,smi-readerが約20%〜だった。

蛇足になるが、Caribouliteは couldn't open smi driver file '/dev/smi' (Cannot allocate memory) なるエラーがたまに発生する。再起動すれば解消するので、深堀せず。再起動時には smi_stream_dev.ko のinsmodが必要だが、気にしない。

本日の衛星: RS-44で交信。