Logicool M5902019/04/30 22:25

職場でロジクールのM590が1個のマウスを2台のPCで共有可能と知ったので,自宅用に購入してみた。PC1/LinuxにはUnifyingで,PC2/Win10にはBluetoothで接続している。LinuxマシンにはBluetooth機能がなくUnifyingを初めて使ったが,専用レシーバを刺すだけでマウスが認識されたのでお約束のSolaarはインストールしてない。Winでマウスの型番が「M585/M590」と表示されるのは愛嬌か。

PCの切替はマウス上のボタンを押すだけ,KVMスイッチと違って手元で切り替えられてステキ。Unifying→Bluetoothの切替時に もたつく 時あるが,概ね満足。

本日の衛星: XW-2F, 2C, 2Bで交信。JO-97からのJY1SatAudioId5.jpg/相当の受像は平成のうちに完了できた。

ClamAV2019/03/08 19:54

今更感があるが,ClamAVでScanOnAccessを有効にしてみた。SUSEのkernelではFANOTIFYが有効になっているので導入は簡単だった。サンプルウィルスを準備してもデスクトップ通知が表示されず悩むが,SUSEが提供するClamAV ver 0.100ではVirusEventが無効化されているそうだ。

その点は残念だったが,別のデスクトップ通知に気付く。openSUSEのupdate appletのアップデート通知やthunderbirdの新着メールの通知が表示されるようになった。LXDE環境にxfce4-notifydを追加したのが効いたみたい。

本日の衛星:ベラルーシ州立大学から受信報告に対する返礼が届く。中身はキーホルダーで,自分のコールサインが入っており感動した。

certbot2019/02/24 17:47

Let's Encryptから「証明書の有効期限が19日以内に切れる」というメールが届いて?になる。crontabで自動更新してるハズなのに??確認すると有効期限は やっぱり 間もなく切れる。

マニュアルで更新処理したがダメ|更新されない。出力されるメッセージをよく見たらパスが certbot → letsencrypt になっている。

# certbot renew --force-renewal && /usr/bin/systemctl reload nginx.service
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

No renewals were attempted.
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

packageの変更ログには The default work and log directories have been changed back to /var/lib/letsencrypt and /var/log/letsencrypt respectively.とあり,ディレクトリ構成が変わったようだ。気付かなかった.... 証明書を取り直して,nginxで証明書のパスを変更して完了。

本日の衛星: XW-2C, XW-2B, AO-73で交信。

SDRangel #32019/01/26 13:39

rpidatvで送信して,SDRangelで受像

PlutoSDR+SDRangelによるDATV受像を目指しているが,送信機が用意できずテスト出来ない日々が続いた。

過去にラズパイで動くrpidatvをテストしたが,Ugly mode〔GPIO 18ピンからPWMだけで送信〕での上限周波数は62.5MHzなので,PlutoSDRでの受像は無理!と思い込んでいたが,facebookでJA1SYK局のある投稿を読んで,rpidatvの7倍高調波をPlutoSDRで受信してみた。

rpidatv付属のmenu.shで〔symbol rate=250k, FEC=1/2〕などを設定してから送信するも,SDRangelで電波が視えず焦る。ラズパイのプロセスを調べるとrpidatvのRF出力先としてGPIO 12ピンが指定されていたので,コマンド直打ちにて解決。SDRangelにてQPSKのコンスタレーションが表示された。

$ sudo /home/pi/rpidatv/bin/rpidatv -i ~/Video/sample.ts -s 250 -c 1/2 -o RF -x 18 -f 62.5

続いて,動画のservice provider他の情報が表示されたが,絵が出ない...。ラズパイで動かしたleandvbでは受像できたので??になるが,送信用TSファイルのフォーマットをh264からMPEG2に変更したら受像できた。SDRangelのコンパイルで手抜き/ffmpeg関連のライブラリの用意をサボった.のでシカタガナイか。

本日の衛星: CAS-4Bで交信。

SDRangel #22018/12/02 10:31

SDRangelで受信するDATV

SDRソフト:sdrangel+RTLSDR(Linux)でDATVが受信できた。送信はDATV Express Tx+PlutoSDR(win10)から。ソフト1つで,SDRフロントエンドの制御から動画再生まで,処理できるのは有り難い。

目指すのはPlutoSDRによるDATVの受信なのだが,PlutoSDRが1台なのでテストはここまで。

PlutoSDRはfull duplexなので,SDRangelでDATV受信を開始してから,PlutoSDRにssh接続してコマンドラインからleaniiotxでDATVを送信したら,受信/ウォータフォールの更新が止まった。残念...

本日の衛星:XW-2Fで交信。