atbswp2022/06/03 19:24

LinuxでGUIアプリを自動操作するソフトを検討中。

定番ソフトはSikuliXなのだが,探してみるとSDR#のタイマー録音で使っていたTinyTaskのクローンが見付かった。アプリの位置が変わるとNGなタイプだが,依存関係が少ないので,まずPi2にインストールしてみた。

狙っているボタンをON/OFFする操作は確実だが,メニューの選択は ゆっくりと した操作が必要。「EXE化」するとpythonファイルをコンパイルしたpycファイルが出来ていた。

PCの時刻合わせ2022/04/16 17:56

自宅鯖の時計は,時刻がズレてる感じはなく,systemd-timesyncdが頑張っていると思っていたが,サービス状態を確認するとエラーになったので,NTPサーバを/etc/systemd/timesyncd.confにて指定して対応。

$ timedatectl timesync-status
Failed to query server: Unit dbus-org.freedesktop.timesync1.service not found.

本日の衛星: CAS-4B, HO-113, RS-44で交信。

PiSDR Version 62022/01/05 19:16

PiSDR

各種SDRがプレインストールされたラズパイOS PiSDRの最新版を新規インストールした。OSはBullseyeベースになった。

新しく追加されたSDR++は,既視感のある画面でmeteorプラグイン&win版も用意されており興味津々だったが,起動中に VOLK: Error allocating memory を吐いて落ちる。メモリ不足はPi2だからシカタガナイか... 追試:TBD。

あと,sdrplay_apiServiceが動いているのが気になる。SDRplayは持ってないのだ。

いまはfuncube-devを追加インストールして連続運転中。 約1週間使ったが,「*.**.**」な表示になってデコードしなくなる頻度が減った気がする。

ESPHamClock #42021/12/24 20:40

EPSHamClock

クリスマスなので,HamClock画面にサンタが表示された。

SSNは140を越え!ており,15m FT8でEU局が(自分的には)大漁となった。

Hamlib 4.42021/12/04 10:21

Hamlib 4.4がリリースされた。動作確認したら,前回より進展があって ”IC-9700 メインVFOへの周波数・読み書き可能” になった。残るはサブVFOへの周波数・書き込みだけ!だ。

Rig command: V Main

Rig command: f
Frequency: 145902644

Rig command: F 145800000

Rig command: V Sub

Rig command: f
Frequency: 435220436

Rig command: F 435220000
set_freq: error = Command rejected by the rig
icom.c(1328):icom_set_freq return(-9)
rig.c(1952):rig_set_freq return(-9)
rigctl_parse.c(2004):rigctl_set_freq return(-9)

本日の交信:FCWA CW QSOパーティーに10MHzで参加,RS-44で交信。