SDRangel #42019/07/29 20:56

sdrangel

SDRソフト:sdrangelはv4.3.0以降はフォローできてなかったので,最新版 v4.11.4 を公式wikiを参考にして野良buildしてみた。最近の主な変更点は,DC成分の自動除去/IQバランスの自動補正と,DATV demodプラグインがtrasnport streamをUDP出力できるようになったこと.みたい。

makeが通らず悩むが,原因はLeap 15.1で追加したリポジトリからopencv4がインストールことだった。公式リポジトリから提供されるopencv3に戻して解決。

DATV受像では,RTL-SDRの[DC]/[IQ]ボタンをオフにした方が良かった。オンにするとブロックノイズが発生して視るに耐えない。DATVデータのUDP出力は,netcatで受信してTSファイル化してみる予定。受像した動画をファイルにできそうだ。

openSUSE Leap 15.1にアップグレード #22019/07/17 19:03

朝起きたらLogwatchからのメイルで、nginxで"502 Bad Gateway"が大量発生していることに気付いた。wikiはLeap 15.1で動作確認してなかった。ハハハ...

nginxのエラーログをみると「nginx+php-fpmで使っているUNIX socket」(phpcgi.socket)が見付からずエラーになっていた。更に調べるとsocketの作成先のパスが/var/run→/runに変更されており、socket作成をAppArmorがブロックしていた。

バージョンアップした時はChangeLogを良〜く読まなきゃ AppArmorをcomplainモードで動かさないとダメだな。

fix references path below legacy directory /var/run -> /run

openSUSE Leap 15.1にアップグレード #12019/07/15 11:12

先延ばしにしてきたアップグレード,3連休の最終日に片付けた。作業はインストールメディアから起動してから約1時間!で完了した(インストーラが見積もった作業時間とほぼ同じ結果になった)。

kernel, gcc7などに変更なかったが,hamlibやrtl-sdrが リポジトリ:hamradio→メイン に移動してビックリする。その他には,VirtualBoxが The application binary appears to be running setuid, this is a security hole. で起動しなくなったので,アンインストール→インストールしたくらい。

本日の衛星: XW-2Cで交信。

Logicool M5902019/04/30 22:25

職場でロジクールのM590が1個のマウスを2台のPCで共有可能と知ったので,自宅用に購入してみた。PC1/LinuxにはUnifyingで,PC2/Win10にはBluetoothで接続している。LinuxマシンにはBluetooth機能がなくUnifyingを初めて使ったが,専用レシーバを刺すだけでマウスが認識されたのでお約束のSolaarはインストールしてない。Winでマウスの型番が「M585/M590」と表示されるのは愛嬌か。

PCの切替はマウス上のボタンを押すだけ,KVMスイッチと違って手元で切り替えられてステキ。Unifying→Bluetoothの切替時に もたつく 時あるが,概ね満足。

本日の衛星: XW-2F, 2C, 2Bで交信。JO-97からのJY1SatAudioId5.jpg/相当の受像は平成のうちに完了できた。

ClamAV2019/03/08 19:54

今更感があるが,ClamAVでScanOnAccessを有効にしてみた。SUSEのkernelではFANOTIFYが有効になっているので導入は簡単だった。サンプルウィルスを準備してもデスクトップ通知が表示されず悩むが,SUSEが提供するClamAV ver 0.100ではVirusEventが無効化されているそうだ。

その点は残念だったが,別のデスクトップ通知に気付く。openSUSEのupdate appletのアップデート通知やthunderbirdの新着メールの通知が表示されるようになった。LXDE環境にxfce4-notifydを追加したのが効いたみたい。

本日の衛星:ベラルーシ州立大学から受信報告に対する返礼が届く。中身はキーホルダーで,自分のコールサインが入っており感動した。