predictの設定2009/06/21 09:11

Polysat CP6 のテレメトリ受信には gpredict を使用してきたが,更新間隔が最短で 1000ms のため TCA 付近ではウォーターフォールが斜めに伸びてデコードできないことが実戦で判ってきた。

この問題は predict + 自作スクリプトにて更新時間を 1/3 に設定することでカイゼンしたが,受信周波数をリアルタイムに補正できなくなった。

井地さん式に リグの RIT で微調整する方法にしたが,補正が追い付かないケースが多発。DK3WN 局の blog にあるように,COMM A = 437.3655 MHz and COMM B = 437.3664 MHz と周波数が 600Hz-700Hz 飛ぶのもあるのだが... ちょっと変。

いろいろ悩んだが,時間の精度が悪かった(最大で 1.5秒の遅れ)。時刻同期は ntp のソースを GPS からプロバイダの ntp サーバに変更して常時同期するように変更した。(自局の位置は なぜか PM95vt になっていた... こっそり PM95vu に変更。)

深夜の北上パスではデコードの新記録(4パケット)を達成。これは spectran の出力を mute にしたのも効いているようだ。生の音を効いて反応しないと補正が間に合わない...

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2009/06/21/4381995/tb