XPOコンテスト2021/09/20 16:46

C7で参加したが,交信局数が延びず,数時間で撤収。3連休の最後なので,隣駅まで買い物に出かける。

本日の衛星: JO-97で交信。Bobcat-1 57k6ビーコンをデコード。

AO-73 mode change!2021/09/16 20:42

AMSAT-UK/FUNcubeメーリングリストからの情報。トラポンが数日以内に止まります。全日照期間(約2ヶ月)に入るのでシカタガナイか。

RS-44でFT42021/09/12 17:33

RS44 FT4

RS-44でFT4の交信@435.612MHz を受信した。

ドップラー補正はgpredict×hamlibにお任せ。IC-9700の制御はgpredictが握っているので,CATをOFFにしたWSJT-Xのインスタンスを用意した。gpredictの周波数制御は1秒間隔だったが,ウォータフォールはIC-9700単体での430MHz・FT8 QSO並のドリフトで,なんとかデコードできた。

追記:周波数制御は500msで良い感じのウォータフォールになった。

次はアップリンクにトライだ。IC-9700でUSB SEND: USB (B) RTSを指定&USB接続時入力禁止時間:OFFにしたら,WSJT-XからPTT制御できたが,別マシンにIC-9700のUSBケーブルを接続した瞬間にPTTが落ちたので,対策を検討中

追記:受信周波数をgredictのRadio Controlパネルで微調整したら,送信周波数は追従しないので注意!

本日の衛星: JO-97で交信。

Hamlib 4.32021/09/11 19:35

新版を試してみた。軌道計算ソフト:gpredict×リグを制御するrigctld × IC-9700でFM衛星を追うと,サテライトモードに切り替わるが周波数を変更できず凹む。このバージョンではIC-9700のMain VFOの周波数が変更できなくなった!

Rig command: V Main

Rig command: f
Frequency: 145940460

Rig command: F 145925000
set_freq: error = Command rejected by the rig
icom.c(1145):icom_set_freq return(-9)
rig.c(1845):rig_set_freq return(-9)
rigctl_parse.c(1995):rigctl_set_freq return(-9)

v4.2では問題なく,バージョンダウンする。収穫はrigctldがWin10マシンでも動くことが判ったこと。

本日の衛星: XW-2Bで交信。

SatNOGS GS #6 satnogs-client v1.62021/09/04 17:46

SatNOGS clientの新版がリリースされた。FIREFLYで打ち上げ予定だった QUBIK 1 & 2 対応の他に,GFSK/BPSKのフローグラフのパラメータが修正されたので,アップデートした。v1.5で問題となったLRPTのデコーダは問題なく動いている。

それから "Auto Schedulerさん"による予約受信がなくなった.ようだ。