Dire Wolf 1.1β2014/12/13 15:59

先日からSoundcard TNCの最新β版をテスト中!

今回の目玉はAGWPE互換ポートに最大で3つのクライアントから接続できる点だろう。AGW online kiss & UISS から接続してアマチュア衛星とAPRSを聞いてみたが,どちらのクライアントでもモニタ可能だった。

Connected to AGW client application 0...  AGW online kiss から接続

Ready to accept AGW client application 1 on port 8000 ...

Connected to AGW client application 1... UISSから接続

Ready to accept AGW client application 2 on port 8000 ...

オプションも(知らぬ間?に)増えており,受信パケットをHEXダンプして画面表示する&ログを指定ディレクトリに保存する事が可能となった。

% direwolf -t 0 -d p -l ./test
(中略)
Digipeater JJ1YDX-3 audio level = 92   [NONE]   _||||
Audio input level is too high.  Reduce so most stations are around 50.
[0.2] JA1KWV-6>APOTC1,JJ1YDX-3*:!3613.00N/14033.00E_.../...g...t044OD1w
------
U frame UI: p/f=0, No layer 3 protocol implemented., length = 62
 dest    APOTC1  0 c/r=1 res=3 last=0
 source  JA1KWV  6 c/r=1 res=3 last=0
 digi 1  JJ1YDX  3   h=1 res=3 last=1
  000:  82 a0 9e a8 86 62 e0 94 82 62 96 ae ac ec 94 94  .....b...b......
  010:  62 b2 88 b0 e7 03 f0 21 33 36 31 33 2e 30 30 4e  b......!3613.00N
  020:  2f 31 34 30 33 33 2e 30 30 45 5f 2e 2e 2e 2f 2e  /14033.00E_.../.
  030:  2e 2e 67 2e 2e 2e 74 30 34 34 4f 44 31 77        ..g...t044OD1w
------
(中略)
^C
QRT
Closing log file "2014-12-13.log".
% ls test
2014-12-09.log  2014-12-10.log  2014-12-11.log  2014-12-12.log  2014-12-13.log

UISSでデジパスが表示されない件は,相変わらず原因不明だ/カイゼンされていない。(上記の通り)Dire Wolfはデジパスを認識しているが,UISSで同じパケットを見ると,こう表示される。

Fm JA1KWV-6 To APOTC1 <UI pid=F0 Len=39 >[16:06:19]
!3613.00N/14033.00E_.../...g...t044OD1w

本日の衛星:ISS, ANTELSat, UKube-1をデコード。UKube-1は,ここ数日 夜間のみビーコンを送信している。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2014/12/13/7515870/tb