Firefox ESR 91.2.0でハマる2021/10/22 19:42

Firefox 78→91に更新したら,応答が鈍くなり・メニュー表示がおかしくなった。safe-modeで起動して,ハードウェアアクセラレーション機能をオン→オフで解決!した。が,何でだろう?

更にググって,ハードウェアアクセラレーションをON,WebGLを無効にして様子見中したら,SatNOGS, tinyGSの地図が表示不可になって失敗 😓

Hamlib 4.32021/09/11 19:35

新版を試してみた。軌道計算ソフト:gpredict×リグを制御するrigctld × IC-9700でFM衛星を追うと,サテライトモードに切り替わるが周波数を変更できず凹む。このバージョンではIC-9700のMain VFOの周波数が変更できなくなった!

Rig command: V Main

Rig command: f
Frequency: 145940460

Rig command: F 145925000
set_freq: error = Command rejected by the rig
icom.c(1145):icom_set_freq return(-9)
rig.c(1845):rig_set_freq return(-9)
rigctl_parse.c(1995):rigctl_set_freq return(-9)

v4.2では問題なく,バージョンダウンする。収穫はrigctldがWin10マシンでも動くことが判ったこと。

本日の衛星: XW-2Bで交信。

HamClock #22021/08/25 19:52

HamClock

HamClockで,SSN(太陽黒点数)と伝播状況をVOACAP (Voice of America Coverage Analysis Program)で確認しながらQRVすることで,交信成立の打率が上がった気がする。

今日は18MHzでインドネシアが開けそうなのが判った(添付画像: 10W, CW, isoな条件)ので,QRV→インドネシアと交信できた。日が暮れてヨーロッパ方面が開けてイタリア他4局をゲットできたが,VOACAPではEU方面の期待値が高くはなくて,実際にモニタする事も重要だと思った。

本日の衛星:Origamisatでパケットらしい信号を確認。AO-109をモニタするがトラポンの利用を確認できず... LEDSATは信号を確認できず,SatNOGSでは昨日から受信レポートなく心配です。

HamClock #12021/08/15 20:17

HamClock

QRZ.comからの情報。アマチュア無線家用の多機能ワールドクロックで,x86なLinuxマシンで動かしたのが添付画像。軌道計算もできるが,TLEは開発元:clearskyinstitute.comから取得しており,カスタマイズはできない(AO-95は選択できなかった)。

本日の衛星: XW-2F, AO-73で交信。MIR-SAT1をデコード!

openSUSE 15.3にアップグレード #32021/07/29 19:08

ClamAVのバージョンが0.103.2と古かったので,最新版:0.103.3をsecurityリポジトリからインストールし直す,あとはclamdとfreshclam.timerを起動し直す。移行作業はこれで完了かな。

本日の衛星: METEOR M-2, METOP-C, SpooQy-1 をデコード。