openBCMのmakeで悩む2022/03/12 22:30

久し振りにmakeしたら,「ldが互換性のない libcrypt.so をスキップしました」とエラーを吐いたが,libxcrypt-devel-32bitを追加したら解消した。でも,スッキリしない 😒

$ ldd out-x86_64/bcm | grep libcrypt
 	libcrypt.so.1 => /usr/lib/libcrypt.so.1 (0xf7f4e000)
$ rpm -qf /usr/lib/libcrypt.so.1
libcrypt1-32bit-4.4.15-2.51.x86_64 
$ rpm -ql libcrypt1-32bit | grep libcrypt.so
/usr/lib/libcrypt.so.1
/usr/lib/libcrypt.so.1.1.0
$ rpm -ql libxcrypt-devel-32bit | grep libcrypt.so
/usr/lib/libcrypt.so
$ ls -l /usr/lib/libcrypt.so*
lrwxrwxrwx 1 root root     17  5月  7  2021 /usr/lib/libcrypt.so -> libcrypt.so.1.1.0
lrwxrwxrwx 1 root root     17  5月  7  2021 /usr/lib/libcrypt.so.1 -> libcrypt.so.1.1.0
-rwxr-xr-x 1 root root 222604  5月  7  2021 /usr/lib/libcrypt.so.1.1.0

本日の衛星: HO-113で交信。

openBCMのctext.ja2022/02/07 19:20

FWDNETからの情報。コネクト時の表示メッセージ:ctext中で%k,%eなるマクロを使うと,ラズパイではCPU負荷が100%となり,ログインできなくなるそうだ。

ctextを設置してみたら,%eが新着メッセージ数を表示して好感触。i386マシンでは,CPU負荷は ほぼゼロ&自分は繰り返しログインできた。

が,翌日になったらCPU負荷が25%に張り付いてた!Sysopはログインはできて,プロセスを確認すると,ユーザ局は6時間前からログインしっ放し& 転送は fwd: rx proposal で止まってた。

ctextからマクロを削除!して,コードは確認せず。

IC-9700,GNU Radioとdirewolfで9k6パケットをデコード2020/12/13 17:10

IC-9700で(比較的)高速パケットを受信する環境を準備中。

direwolfはSDR連携+最大6台のモデムを利用可能なので,1200baud AFSK, 4800bps GMSK, 9600bps GMSKの合計3台のモデムを定義してみた。

% direwolf -t 0 -c direwolf.conf-gqrx3ch -g -B 4800
Dire Wolf version 1.6
...
Channel 0: 4800 baud, K9NG/G3RUH, +, 48000 sample rate x 2.
The ratio of audio samples per sec (48000) to data rate in baud (4800) is 10.0
This is a suitable ratio for good performance.
Channel 2: 9600 baud, K9NG/G3RUH, +, 48000 sample rate x 4.
The ratio of audio samples per sec (48000) to data rate in baud (9600) is 5.0
Increasing the sample rate should improve decoder performance.
Channel 4: 1200 baud, AFSK 1200 & 2200 Hz, E+, 48000 sample rate.

SDR機IC-9700のIF出力をUDP送信するフローグラフも,少し改良。現時点では信号が強力な衛星:NO-103, CAS-4A, FALCONSAT-3/ELFIN-B のデコードを確認できた。

本日の衛星:XW-2F, RS-44で交信。JA0CAW局がHDSDRでIQ録音したBOBCAT-1 75kビーコンをGRCでデコードしてみた。IQ入力を使ったデコードに難あり。

QtSoundModem2020/12/06 09:46

piQtSoundModem

UZ7HO局のSoundModemがLinuxに移植された。β版のバイナリを公開したのは"あのG8BPQ局"だ。Johnさんの利用シーンはHF帯だろうから,High-Speed Soundmodemの移植は全く期待できない。

piQtSoundModemをラズパイで動かしたのが添付画像。Pi4ではCPU負荷が約10%と軽快に動く。受信時刻がGMT表示なのだが,仕様通りか?は深堀せず。

本日の衛星: XW-2F,CAS-4B, FO-29で交信。Amicalsatは受信レポートが途絶えて心配。

IC-9700 #42020/11/01 18:02

IC-9700で9600bpsパケットをデコード

amsat-bbからの情報。IC-9700で9k6 AX.25が受信できるそうだ(送信は不可)。WinPCで IC-9700→SDR#→Virtual Audio Cable→hs_soundmodem の構成にて地上波 9k6 APRSがデコードできた。SDRを使うならば,フロントエンドは何でも良いのだが,そこは拘り.ということで。

To receive--use the IF via USB audio; use a program like SDR# with FM (all filters off, 10-12kHz wide), feed that audio into hs_soundmodem that then connects to PacSat Ground Station software.

添付画像の通り,IC-9700のUSB IF出力(Not IQ出力)は +12kHzズレているので,Linux機ではGNU Radioにて "-12kHzシフト→FM検波→gqrx互換のUDP出力" して,direwolfからUDP接続したら,APRSがデコードできた!が,信号レベルが極めて低い。

Digipeater JS1YAB-2 audio level = 13(+19/-11)   [NONE]   __:|||:__
[0.4] JQ1YZZ-10>APU25N,JA1YKX-2,JS1YAB-2*,JQ1ZIF-2:(以下省略)

本日の衛星: CAS-4Bで交信。IC-9700を使った衛星交信にも慣れてきた。