eQSL2018/02/20 19:32

最近は7MHz RTTYに出没しており,そこで「MY QSL VIA BURO ES EQSL 」を送られてビックリ!した。CWの5NN TUな交信からは解らない電子QSLの世界が其処にあった。なので,週末にeQSL.ccにJH4XSY/1を登録してみた。

登録直後にinboxを見たら500件以上のデータがありビックリする。気を良くして,本人確認→(無償の範囲内で)電子QSLカードをデザイン→交信データをアップロードした。hamlogからADIF出力したデータは,クロス?モードの交信(AO-16, AO-51など)・タイプミス(435MHz→453MHz)などが弾かれたが,ぼぼ登録された。ただ 何故か サテライトの交信が正しくDBに反映できず,Prop_Modeを手で直すことになったが,件数がそもそも少ないので問題なしとする。

eQSLから CFM/NIL の連絡が ボチボチと 届き始めた。電子版だけどQSLカードが届くとウレシイよ。

追伸:照合率は10%くらいです,現状は。

BITX40でRTTYデビュー2018/01/28 15:26

BITX40によるSSB QSOが成立したので,デジタル・モードに進んだ。

BITX40の改造として,オーディオ信号の取り出しポイントをVOLUME1のPIN1に変更し,モニタ用にスピーカーをスピーカーホルダー(SPK-1)でケースに取り付けた。

各種モードを自分の設備でモニタした結果,RTTYに落ち着いた。理由はRTTYが学生時代の憧れのモードだったのが大きい.と書いておく。

追記:ソフトはMMTTYを使った。ポイントはサウンドカードのクロック補正だったが,その必要はなかった。最近のPCってスバラシイ!

で本日,RTTYでの交信に成功した。コール1発で返ってきてビックリ&感動した。あと運用はタイプが間に合わない/間違えるで反省・課題が残った。

本日の衛星:CAS-4B, XW-2B, AO-73で交信。AO-73は+1局になった。あとITF-2の画像ダウンリンク実験の公式見解書を読んだりする。

本日の30m WSPR2018/01/19 20:00

WSPRnetより

コンデションは低調で無線機:Ultimate3Sの出力は高々250mWだが,長く続けていれば良いこともある。昨夜・初めてイギリスまで飛んだ。感動~!&ヨーロッパ到達は本当に久しぶり,2016年8月以来だった。

HFのQRVは10MHz CW, WSPRだけになってるので,いま話題の5W モノバンドCWトランシーバ+WSPR ビーコンな自作キット:QCX に 思い切って 切り替えてみる?!か。

BITX40で交信2017/12/17 20:18

今日も大掃除だったので,40mにはスポットでQRV! 記念局と交信してレポート=55をもらった。

明瞭度のアップには,コンデンサ・マイクをICOM IC-HM14からキット付属のマイクに変更したのが効いた.と思う。トークパワーを見比べると後者の方がパンチが効いている。

それから当たり前なのだが,同じQRP/4WでもCWと違ってSSBの交信は大変だ。でも,この条件でボチボチとやっていきます。

本日の衛星:XW-2B, AO-73, CAS-4Bで交信。AO-91はアップが通らない...

BITX40で初交信2017/12/03 17:49

新免許で7MHz SSBにQRVした。何故か空振りが続き,やっとのことで市内の局をゲット。レポートが45!だったので,他のバンドにQSYして音質を聞いたら最初は強いが弱くなる とのこと。BITX40はパンチが弱い音が特徴だそうだが,それとは違う感じ。

本日の衛星:CAS-4B, XW-2Bで交信。CAS-4*のビーコン受信のためdirewolfで4800bpsを指定したらPSKモデムになって大失敗,RTFMだった。