direwolfのエラーチェック機能2020/05/06 15:50

新direwolfにてCP-7/BUGSAT-1のビーコンを受信したら「More error checking for valid AX.25 format.」機能が発動した! これらの衛星は旧版でもデコード可能だったので,エラーではなく警告っぽい。AISAT-1のAPRS実装に関して熱く語ったWB2OSZ局らしい機能だ。

WI2XNR-1 audio level = 97(+155/-161)   [NONE]   _||||||||
[0.4 05/03/20 18:08] WI2XNR-1>:(UI cc=00, p/f=0)  <省略>
Station address "" contains nul character.  AX.25 protocol requires trailing ASCII spaces when less than 6 characters.

LU7AA audio level = 67(+103/-101)   [NONE]   _____||__
[0.5 05/06/20 14:53] LU7AA>CQ: <省略>
Station address "LU7AA" contains nul character.  AX.25 protocol requires trailing ASCII spaces when less than 6 characters.

本日の衛星:RS-44で交信。

direwolf-dev版を試す2020/05/02 14:38

direwolf-dev版

未テストだったソフトTNC:direwolf-dev版を試してみた。最新版の目玉は「あのCASTOR」で採用されたFX.25プロトコルの実装だろう。作者:WB2OSZ局が TAPRの会報PSR誌 144号で書いた「AX.25 + FEC = FX.25」を読みながら,ボチボチと試していきます。

個人的にはG3RUH 4800bpsが受信可能になったのが嬉しい。添付画像はCAS-4Aのビーコンを受信している様子。これまではモデムの通信速度に4800bpsを指定したら8PSKなモデムが有効になっていたが,新版からgオプションを指定するとG3RUHモデムが選択可能になった。

% direwolf -h
Dire Wolf DEVELOPMENT version 1.6 E (May  1 2020)
...
Usage: direwolf [options] [ - | stdin | UDP:nnnn ]
Options:
...
   -g             Force G3RUH modem regardless of speed.
...
% direwolf -c direwolf.conf-48 -r 48000 -g 
...
Channel 0: 4800 baud, K9NG/G3RUH, +, 48000 sample rate x 2.
...

本日の衛星: SMOG-Pで12500bpsのデータ・パケットをデコードできたが,同速度のsyncパケットを未検出で,phantom扱い。残念! RS-44で交信。

新gqrx + FCDPP,その後2020/04/29 20:11

イロイロと我慢する連休が始まった。新gqrxで遊んでいる。

新gqrx+Soapy SDR pluginでFCD Pro+のサンプリング・レートが96kしか選択できない件,実は192kで動いていた。ターミナルに以下のログが残っていて気付く。

[DEBUG] setSampleRate 96000.000000
[DEBUG] getSampleRate 192000.000000

gqrxの音声出力先として,Display Portを試したがpavucontrolでモニタが選択できず悩む。Display Port→HDMI変換器を疑ったが,HP機は音声出力をサポートしてなかった,というオチだった。

本日の衛星: CAS-4A, 4Bで交信。固定局のQRVが多くなった気がする。

ALL JAコンテスト2020/04/26 19:47

QSORate

いつもなら気合が入るのだが,最近は週末→無線に出る.なスイッチが入らなくて...C28P部門で短時間の参加となった。

緊急事態宣言をうけて「マルチオペ種目は中止,野外へ出ての移動運用は自粛」での開催となり,クラブ局と移動局は少なかった。

本日の衛星: EO-88をデコードしたが,warehouseがデータを受付なかった。FUNcube Teamから「Server Migration」中とメールあり。納得!

lr-pcsx-rearmed2020/04/21 20:30

U.S.ネイビーファイターズ

フライトシミュレータをコントローラ単体で遊ぶため,PlayStation1で遊んでいた「U.S.ネイビーファイターズ」を引っ張りだした。

RetroPieにPi2/Pi3向けのlr-pcsx-rearmedをインストールして,ゲームCDを あのBraceroを使ってイメージファイル化した。ググるとISO化と書いてあるのだが,cue形式で出力するのが吉。出力は .cue と .bin の2つになる。

添付画像はePSXe@Win10で撮ったスクショ。いまはRetroPieの初期設定のままで遊んでいる。

コントローラの操作性は評価保留中。火器管制で,PS1の{△□○☓}ボタンを実コントローラの{XYAB}ボタンに置き換えが必要で,まだ慣れない|撃墜のチャンスを何度も逃す。