openSUSE Leap 15.2にアップグレード #12020/07/25 20:49

4連休を待ってアップグレード作業を開始したが,今回はSSDにクリーンインストールしたので,設定に時間がかかっている(今日で3日目!)。

サテライトはソフト準備中でお休み。predictはtilixでncurses表示が乱れるとか,gnuradioのパッケージでgr-satellitesがcmakeできないとか,課題が多い。良かったのは,PC内を掃除してCPU温度が下がったくらい。

取り敢えずopenBCM, wiki, IMAP, oww(気象観測)は復旧できた。

BY70-2のproxyソフト2020/07/23 10:47

BY70-2は受信データのアップロードに成功していた。proxyのREADME.mdを良く読むと

if you send the date to server sucessful. server will return some text.

と書いてあり,自分の環境でもsome textと同じメッセージがproxy画面に表示されていた。proxy画面のStatus表示はやっぱり変化ないけど,気にしない事にする。

[WebSocket] WebSocket opened
[WebSocket] Received data successfully.
[Data] Received time is 2020-07-23 01:33:40
Data is: 以下,省略

それから,gr-satellitesのBPSK "Frequency offset"値はシビア。GqrxのWide USBで受信しているが,ビーコン信号がパスバンドの中心から数kHzズレるだけで,デコードしなくなる。経験的に436.190MHzでリグコンするのが良さゲ。

その他の衛星: RS-44, CAS-4B, 4Aで交信。

BY70-2のデコード2020/07/19 11:11

BY70-2

BY70-2のリアルタイム・デコードに成功した。本日10時のパスは高仰角で信号も強く,FM局のカブりもなく条件が良かった。が,HITへのアップロードには失敗!した(proxyのstatus表示が変わらない;原因調査中)。残念...

gr_satellitesは,v3.2.0からHITテレメトリproxyへの接続が可能になった。接続方法が?だったが,K4KDR局のフローグラフ(現在はリンク切れ)を見たら,Telemetry Submitモジュールの追加が必要と分かった。

proxyはpyqt5な環境ではダニエルさんがhackしたバージョンを使うの良いだろう。proxyは8001ポートを使用するので,当局の環境ではソフトTNCを止める必要があった。

フロントエンドは,Gqrxを2.11.5にダウングレードして,リグコンの周波数を「BPSK Demodulators」の"Frequency offset"だけ低く設定して受信してみた。その"offset"値はgr_frontendとは異なっており,RTFMだった。

その他の衛星: RS-44で交信。

電通大コンテスト2020/07/18 19:51

QSORate

今年も14MHz部門で参加した。CONDXが良くてスコアが伸びたが,参加局にUEC局は少なかった/2局のみ。

あとIC-7300のOVF表示が 赤くチラチラ点滅する のを初めて見た/体験した。受信音は聞き取れたが,点灯すると受信不能になるそうなので,RTFMしよう。

本日の衛星: ATL-1のデコード数が極端に少なくなってきた...

BY70-2を初デコード2020/07/12 14:40

BY70-2をデコード

BY70-2とは,7月に打ち上げられた↑145.920MHz FM/↓436.200MHz Codec2(9k6 BPSK)なFM衛星。

TLEは45857(2020-042A)で確定して,gpredictに衛星名称とトラポン周波数データが降りてきた。

デコーダは管制局謹製:gr_lilacsatではなく,gr_satellitesを使うことにした。最新版/v3.1.0にて正式サポートされて,codec2再生のドキュメントが整備された。

と条件は整ったが,うまくデコードできない。いまは gqrxでIQ録音→wav変換→sdrsharpでIQ再生→wavファイルからオフラインでデコードし直している。

本日10時のパスでは連続信号が視えた。デコードすると spacecraft_id が何種類も表示された。最頻値は129で,そのパケットでコールサインがBJ1SUと表示されたので,BY70-2からの信号で間違いない。(受信データは16進ダンプしてgistに掲載した。)

gr_satellitesからcodec2に連携したら男声が聞こえたが,内容は聞き取れず。

本日の衛星: XW-2F, CAS-4A,Bで交信。