PlutoSDR #62018/09/01 09:48

ソフト:leaniiorxが動かない原因は,自分の思い込みにあった。SUSEのkernelは全部入りではなく,/usr/src/linux/.configを確認したらオプション不足だった。なので,kernelをn年ぶりに再構築する。CPUはcore i5なので楽勝かと思ったら,約1時間かかった。

設定変更箇所(linux-4.12.14-lp150.12.13)だけ,列挙しておく。★印がハマり処。iio-trig-sysfsの件をwiki別ページにまとめるのは反則!だよ〜>アナログ・デバイセズさん。

CONFIG_USB_CHIPIDEA=m
CONFIG_USB_CHIPIDEA_PCI=m
CONFIG_USB_CHIPIDEA_UDC=y
CONFIG_USB_GADGET=m
CONFIG_CONFIGFS_FS=m ★
CONFIG_USB_CONFIGFS_F_FS=y
CONFIG_IIO_SYSFS_TRIGGER=m ★

そうそう設定にはmake xconfigが便利。make menuconfigと違って検索機能付きで,簡単!に設定できます。

再起動して追加したモジュールを手動で読み込んでから,PlutoSDRを接続すると,ローカルバックエンドが見付かった。この時点ではlinux鯖でeth1を設定せず,iiodも起動してない。

# modprobe iio-trig-sysfs
# modprobe usb_f_fs.ko
# modprobe ci_hdrc
% ls /sys/bus/iio/
devices  drivers  drivers_autoprobe  drivers_probe  uevent
% ls /sys/kernel/config/usb_gadget/ffs/
UDC           bDeviceProtocol  bMaxPacketSize0  bcdUSB   functions  idVendor  strings
bDeviceClass  bDeviceSubClass  bcdDevice        configs  idProduct  os_desc
% iio_info -s
Library version: 0.15 (git tag: 6ecff5d)
Compiled with backends: local xml ip usb serial
Available contexts:
	0: Local devices [local:]
	1: 0456:b673 (Analog Devices Inc. PlutoSDR (ADALM-PLUTO)), serial=1044....39e3 [usb:3.9.5]

leaniiorxを起動すると,エラー内容が変わった。

% ./leaniiorx -f 2395e6 --bw 20000000 -v 
iio_create_default_context: No route to host

linux鯖でeth1の設定すると,またエラー内容が変わった。iiodを起動しても解消せず。で続く...

% ./leaniiorx -f 2395e6 --bw 2000e3 -v 
Setting RF bandwidth 2000 kHz
** IIO: in_voltage_sampling_frequency failed with Unknown error -2

本日の衛星: AO-73はセーフモードが1週間続くそうで,テンションが下がる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2018/09/01/8954276/tb