openSUSE 15.3にアップグレード #32021/07/29 19:08

ClamAVのバージョンが0.103.2と古かったので,最新版:0.103.3をsecurityリポジトリからインストールし直す,あとはclamdとfreshclam.timerを起動し直す。移行作業はこれで完了かな。

本日の衛星: METEOR M-2, METOP-C, SpooQy-1 をデコード。

openSUSE 15.3にアップグレード #22021/07/25 16:24

アップグレード作業の続き。

recollに代えて,ファイル検索ツール:catfishを試したが,全文検索は「検索に時間がかかる,検索されたメールをクリックするとthunderbirdが起動して空のメールが開く」と,イマイチだった。

recollはKDE/Extraリポジトリにて再発見した。recoll-1.31.0-lp153.2.1.x86_64 を得たが,パッケージ名に含まれるLeapのバージョン番号に違和感あり。

本日の衛星:AO-73, XW-2Bで交信。

Funcube TLM decoderでログを見る方法2021/07/23 14:26

funcube-dev/dockerのデコード結果はファイル出力されない仕様だが,稼働中のセッション・ログを参照する方法があることが判った。ちょっと便利かも。

$ docker container ls
CONTAINER ID   IMAGE         COMMAND            CREATED       STATUS       PORTS     NAMES
fb6a34c80df6   fcrun:1.0.5   "/entrypoint.sh"   5 hours ago   Up 5 hours             pedantic_bose
$ docker logs fb6a34c80df6 | grep Decoded
Decoded Frequency: 41186.22Hz  Error Count: 203  data: (以下省略)

* CONTAINER IDは毎回調べる必要あり。

本日の衛星: CAS-4A, JO-97, CAS-4Bで交信。

openSUSE 15.3にアップグレード #12021/07/22 15:30

4連休になったので,アップグレード作業をした。RBBS他の停止時間はざっくり1時間くらい。見た目の変化は,Xfce。アイコンが淡色に変わった。

  • qsstvはhamradioリポジトリから消えて残念; qsstv 9.5.5が7/21日にリリースされており,qmake-qt5する。
  • certwatchからメールが届いてたので,imapd.pemを更新する
  • recollは15.3用のリポジトリ待ち

本日の衛星: XW-2A, CAS-4A, RS-44で交信。

MIR-SAT1をデコード2021/07/20 19:25

打ち上げから1ヶ月,デコードにやっと成功!した。アワード申請はコールサインではなくSatNOGS IDでインプットしてみた。SILVER賞に滑り込めた!? SatNOGSにNORAD ID=48868でレポートしたのでチョット心配だ。

[0.3] 3B8MIR>3B8MRC:(以下省略)