Funcube TLM decoderでログを見る方法2021/07/23 14:26

funcube-dev/dockerのデコード結果はファイル出力されない仕様だが,稼働中のセッション・ログを参照する方法があることが判った。ちょっと便利かも。

$ docker container ls
CONTAINER ID   IMAGE         COMMAND            CREATED       STATUS       PORTS     NAMES
fb6a34c80df6   fcrun:1.0.5   "/entrypoint.sh"   5 hours ago   Up 5 hours             pedantic_bose
$ docker logs fb6a34c80df6 | grep Decoded
Decoded Frequency: 41186.22Hz  Error Count: 203  data: (以下省略)

* CONTAINER IDは毎回調べる必要あり。

本日の衛星: CAS-4A, JO-97, CAS-4Bで交信。

MIR-SAT1をデコード2021/07/20 19:25

打ち上げから1ヶ月,デコードにやっと成功!した。アワード申請はコールサインではなくSatNOGS IDでインプットしてみた。SILVER賞に滑り込めた!? SatNOGSにNORAD ID=48868でレポートしたのでチョット心配だ。

[0.3] 3B8MIR>3B8MRC:(以下省略)

hirogari-decoder2021/07/11 10:10

hirogari-decoder

OPUSAT-II 早朝パスの録音ファイルをhirogari-decoderでデコードした結果が添付画像。openSUSEでもデータ解析できるようwowryさんに助けてもらったが,「受信報告」できず;SSSRCのサイトがダウンしているみたいだが,QSLカードは受領できました 😉

LoRa #13 tinyGS-antenna-map2021/06/20 13:15

tinyGS-antenna-map

tinyGS Communityからの情報。tinyGSに(最近)アップした受信データからアンテナ性能を評価するスクリプトを試した結果が,添付画像。受信レポートは自局から見て開けている/ビーム固定している南西方向に偏っているが,それ以外の方向(マンションの陰)からもビル反射で入感があることが判る。

その他の衛星: RamSatのデコードに やっと 成功!した。

CQ>W4SKH:RSBeac:,2021-06-20T04:53:57.66Z,825,(以下省略)

hirogari-decoderの新版を試す。buildにはrequestモジュールの追加インストールが必要だった。

SMOG-12021/06/13 11:25

smog_snr_plot

SMOG-1はsyncパケットしか取れない日が続いたが,5日ぶりにデコードできた。信号を 自局+近所のSatNOGSで視ると 以前より弱くなっているようだが,コンスタントにレポートできているJA局もいる。うーん...だ。

気分転換でsmogcli2を最新化したら,snr plotting script to check which code is best なスクリプト:smog_snr_plot.py が追加されていた。受信した過去データを喰わせた結果が添付画像。ao40short, ra128は低SNRの方が打率が高いように見える。データ数不足でガツン!と入感したサンプルが少ないのかも。

その他の衛星: CAS-4Bで交信。