64bit Linuxでwin32なWineを使う2021/05/04 08:49

wine & UISS

wine-6.0のインストールでハマった。Ubuntu 16.04(32bit版)がEoLとなり,Ubuntu 20.04(64bit版)に移行したのだが,winehqの手順だとWINEARCH=win64な環境となり,(UISS.exeが要求する)VB6ランタイムがインストールできなかった。

以下の御まじない(32ビットWine環境の作成)を唱えたら,vb6runがインストールできてUISSが動いた。

$ export WINEARCH=win32;winecfg
$ cat .wine/system.reg | grep -m 1 '#arch' | cut -d '=' -f2
win32
$ sudo apt install cabextract
$ winetricks vb6run

実戦テストとしてISSにQRVして,APRSメッセージ交換したのが添付画像。wineは 個人的な趣味で VirtualBoxの仮想マシン内に閉じ込めている。

本日の衛星: RS-44, ISS, FO-29, CAS-4Bで交信。

clamav 0.103.1でハマる2021/03/06 12:07

clamav 0.103.0→clamav 0.103.1にアップデートしてから,ウィルスDBの更新ができない!とlogwatchから連絡あり。

 --------------------- clam-update Begin ------------------------ 

 No updates detected in the log for the freshclam daemon (the
 ClamAV update process).  If the freshclam daemon is not running,
 you may need to restart it.  Other options:

と書いてあるが,freshclamをtimer起動する設定が吉だった。

# sudo systemctl start freshclam.timer 

リアルタイムスキャンも動いてなかった(ScanOnAccessオプションはv0.102で廃止されていた)ので再設定した。テスト用ウィルスを検出できず?になるが,openSUSEではclamd/clamonaccが別々のユーザーで動いているので,clamonacc起動時に--fdpassオプションを渡す必要あるそうだ。下記の通りテストにも成功した。

% cat eicar.com 
cat: eicar.com: 許可されていない操作です

本日の衛星:XW-2F,2Aで交信。

PlutoSDRをgr-osmosdrで使う2021/02/21 10:47

GNU Radio 3.8で衛星受信のSDRフロントエンドにPlutoSDRを使おうと思ってハマった。

GNU Radioで使っているドップラー補正のブロック:gr-gpredict-dopplerは受信周波数をfloat型で返す。PlutoSDR定番のgr-iioは周波数がint型だったので使えず,動作実績のあるgr-osmosdrから SoapySDR → SoapyPlutoSDR → PlutoSDR と繋いで解決した。

% SoapySDRUtil --probe="driver=plutosdr,hostname=192.168.2.1"

でPlutoSDRが見付かったので,osmocom SourceのDevice Argumentで"driver=plutosdr,hostname=192.168.2.1"と指定した。

それからgr-osmosdrはv0.2.3にアップして"IQ File Source & Sink"付きでbuild可能になっていた。

gr-satellitesはGNU Radio 3.9対応版がリリースされた。GRCのbuildからスタート。

本日の衛星:CAS-4Aで交信。BY70-2をフロントエンドにIC-9700を使ってデコード。

ラズパイをUSBメモリから起動2021/01/05 18:30

Pi4のUSBブート用に,USB3.1メモリ(SanDisk社のUltra Fit 32GB)を新規調達した(SSDを準備する甲斐性はありません)。形状はカタログと違って「出っ張り」が無くて,残ったUSBポートの利用時に邪魔にならい感じ。

PiSDRのOSを最新化して,ブートローダーを最新版(version c3f26b6070054bca030366de2550d79ddae1207a)に切り替えて,「SD Card Copier」にてSDカードからUSBメモリにOSをコピーしたら,USBメモリから起動できた。

ベンチマークもやってみた。sysbenchでfileio(seqrewr)の処理速度が SDカード:6.1741 → USBメモリ:25.452(Mb/sec)にアップしてUSB3の効果を感じたが,qsstvのmakeに要する時間に変化なくて,実使用には変化ないかも。

本日の衛星: Norbyをデコード,7W!で送信中です。

QtSoundModem2020/12/06 09:46

piQtSoundModem

UZ7HO局のSoundModemがLinuxに移植された。β版のバイナリを公開したのは"あのG8BPQ局"だ。Johnさんの利用シーンはHF帯だろうから,High-Speed Soundmodemの移植は全く期待できない。

piQtSoundModemをラズパイで動かしたのが添付画像。Pi4ではCPU負荷が約10%と軽快に動く。受信時刻がGMT表示なのだが,仕様通りか?は深堀せず。

本日の衛星: XW-2F,CAS-4B, FO-29で交信。Amicalsatは受信レポートが途絶えて心配。