gr-satellites v1.1.0,その後2018/09/17 19:25

lilacsat1.grc

LO-90本日18時のパスでJA5BLZ局と交信できた。2nd QSO TNXでした。lilacsat1.grcはCODEC2の遅延が(管制局版より)少ないそうだが,遅延は やっぱり あって,単語を区切って ゆっくり 話さないと,交信できない。

添付画像はボイスデータが流れた直後のモノ。画面構成はシンプルで,オリジナル版だとウォーターフォール画面すらない。それだと困るので追加してみた。

軌道計算ソフト:gpredictは,周波数固定で受信した信号をドップラー補正するために使用する。GNU Radioとはgpredictのリグコンを経由して通信と,面白い造りになっている。

受信したテレメトリはSatNOGSへのアップロードに失敗! 見直したら設定ミスがあった。ポカが続く...

コメント

_ ja0caw ― 2018/09/18 07:18

BLZさんから
LILACSAT-1 0911UTC
Voice repeater
To JH4XSY/1-san
Thanks 1st contact via LILACSAT-1
※原因わかりませんが、Blogにコメント書き込みしようとしてもできないそうです。
と言うことで、代筆です。

_ JH4XSY/1 ― 2018/09/18 20:58

BLZ局,交信TNXでした。CAW局,QSP TNXです。
コメントできない件,ご不便かけて申し訳ない。スパム除けが発動したようです。トリガになるのは不適切な単語で,アマチュア局の書く内容だと大丈夫なハズなんですが...

_ JA5BLZ ― 2018/09/23 09:25

おはようございます。
先日はLILICSAT-1でのQSOありがとうございました。
その後、LILACSAT-1からのImageのDownloadをTryしております。
LIVE-CD(LIVE-USB)を使用。ダニエルさんの解説を参考に
cmdを送信、Dataの送出はされましたが、fehが自動起動しません。
Linuxに未熟で、問題点がどこにあるのかわかりません。
Image decoderのフォルダがあるようですが、これを事前にRUN
させる必要がありますか、それとも、GNURADIOのブロックの修正が必要でしょうか。ご指導、よろしくお願いいたします。
JA5BLZ 野口
73

_ JH4XSY/1 ― 2018/09/23 11:40

ご質問の件,JA5BLZ局は管制局のLIVE-CDをお使いですね。

画像受信には,demod_lilacsat-1.grcにあるSOCKET PDUでPort:60069を使うブロックを有効にして,image_decoderフォルダ内にあるimage_decoderを起動して下さい。

が,このフローグラフを使うとJPEG画像のヘッダ部を完璧にデコードできないと絵になりません。

なので,自分はBY70-1 Image Decoderブロックを使ってます。もし一部でもコピーできたらJPEGファイルが残るのでお勧めです。もちろんJPEGヘッダが壊れているので絵にはなりませんが,中身を見るとJPEG情報が散見されて,画像を受信できたと実感できてステキです。

サンプルはgithubに載ってます。
github.com/bg2bhc/gr-lilacsat/blob/master/examples/LilacSat-1/demod_lilacsat-1-k4kdr.grc

_ BLZ ― 2018/09/23 12:18

早速、アドバイス頂き、ありがとうございました。
挑戦してみます。
JA5BLZ 野口

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2018/09/17/8961602/tb