NEXUS FSK 19.2kbpsを初デコード2019/10/22 09:58

FO-99 FSK 19.2kbps

10/19日のJAMSAT東京ミーティングでNEXUS FSK 19.2kbps復調方法の説明を聞いたので,linux環境でデコードしてみた。

フロントエンドはgqrx+gpredictでリグコン。通信速度が19.2kなのでgqrxのフィルタは帯域を30kHzに設定しておく。

オーディオ信号はソフトTNC:direwolfにgqrxからUDP通信で流し込む。ネットワーク環境でIPv6が有効なときはgqrxのudp_host名を127.0.0.1にするのが吉らしい。direwolfはサンプリングレートが低いと文句を言うが,gqrxのオーディオ出力は48kHz固定でシカタガナイ。それでも,本日の9時パスは なんとか デコードできた。高仰角だったのが良かったみたい。

% direwolf -t 0 -c direwolf.conf-gqrx -r 48000 -B 19200 
Dire Wolf version 1.5
Includes optional support for:  hamlib cm108-ptt
 
Reading config file direwolf.conf-gqrx
Audio input device for receive: UDP:7355  (channel 0)
Audio out device for transmit: null  (channel 0)
Channel 0: 19200 baud, K9NG/G3RUH, +, 48000 sample rate x 2.
The ratio of audio samples per sec (48000) to data rate in baud (19200) is 2.5
There is little hope of success with such a low ratio.  Use a higher sample rate.
...
JS1YAV audio level = 61(+127/-84)   [NONE]   ____||||_
[0.5 10/22/19 09:16]   JS1YAV>NEXUS:(以下,省略)

追記: gqrxで録音したwavファイルをwav_48kHz.grc経由でgr-satellitesに標準添付のgeneric_19k2_fsk_ax25.grcに食わせたがデコードせず。

gr-satellites v2.0.02019/10/20 20:01

VirtualBox上でのGRC環境構築の続き。実際の電波を受信するため表題のソフト+gr-frontendsをインストールするが,関連モジュール:gr-gpredict-dopplerがGRC 3.8でcmakeできず。

ドップラー補正できないので,実マシンのGRC 3.7な環境で gr-frontends+gr-gpredict-doppler を動かして,デコード用の別/仮想マシンとUDP通信で繋いだが,デコードできない。検証としてncを使った通信を試したが仮想マシンのクライアントで受信できないので,VirtualBoxのネットワーク設定に問題がありそう...

追記1:フロントエンドにgqrxが利用できる.そうだ。

追記2:UDP通信は 仮想linuxマシンのfirewalld がブロックしていた。

TAURUS-12019/09/28 21:30

TAURUS1

TAURUS-1 本日10時のパスでFM/CODEC2のトラポンが動いていたようだ。周波数はビーコンと同じ435.840MHzで,音声っぽい信号が視えたが,音にならず。自分の返りも分からず。

BTW

GNU Radio 3.8のbuild中。Qt5Qwt6相当のパッケージは見付かったが,gnuradio-companionが有効にならず悩む。SUSEだとuhd-develパッケージを追加しないとダメっぽい。先人の知恵は有り難い。

TAURUS-12019/09/21 15:22

TAURUS-1を久しぶりにデコードした。gr-satellitesの新モジュール「Taurus-1 Telemetry Parser」のインストール後,信号は視えるがデコードできない日が続いていた。デコードできたテレメトリは 僅か 2フレーム。その解析結果を掲載する。

ネット情報によるとFM/Codec2なトラポンが稼働中とのことだが,デコードに難あって,自分の返りはまだ確認できていない。

BTW

GNU Radio 3.8のbuildを始める。python3を指定するのが吉だが,Qt5Qwt6が見付からず未完。

本日の衛星: XW-2Fで交信。

2019-09-21 01:56:16
* MESSAGE DEBUG PRINT PDU VERBOSE *
()
pdu_length = 116
contents = 
0000: 08 50 6d 6d ff 21 ee 98 81 3c 24 00 1c a1 00 03 
0010: 00 80 69 31 7b 03 9a 18 f2 04 ea 26 44 00 ca 28 
0020: cc 04 d0 18 00 00 0e 00 00 91 00 00 00 00 00 00 
0030: 00 00 00 00 00 00 00 00 40 fb c9 d7 34 0d 00 00 
0040: ff 25 00 00 03 02 00 00 38 1f c7 04 12 0f 00 00 
0050: 66 24 02 00 00 27 18 53 1c a3 01 00 00 00 00 00 
0060: a3 3e 0b 67 e5 f9 c6 04 00 00 3f ff 4c 22 00 00 
0070: 93 40 d1 7b 
***********************************
Container: 
    config = 0
    flag_direct_ins = 3
    payload_mode = Container: 
        open_telecommand = False
        camera_task = False
        valid_image_data = False
        camera_power = False
        rest = 0
    tx_mode = 128
    gain_tx = 12649
    i_3v3 = 89.1
    u_3v3 = 3.148
    i_vbat_tx = 506.4
    u_vbat_tx = 4.98
    i_vbat_rx = 27.2
    u_vbat_rx = 5.22
    t_stm32 = 80.765625
    t_pa = 49.625
    n_tx_rf = 0
    n_rx_rf = 14
    n_tx_err_rf = 0
    n_tx_i2c = 0
    n_rx_i2c = 0
    n_tx_err_i2c = 0
    n_rx_err_i2c = 0
    n_tc = 0
    dc_fm_tc = -3.44768925432
    dc_fm_ham = -1.49985431235
    rssi_fm_tc = -111.710832997
    rssi_fm_ham = -107.120210841
    reset_flag = 3
    sys_flag = 2
    dma_overflow = 0
    runtime = 80158.52
    reset_count = 3858
    ctcss_count = 3509750.0
    ctcss_det = 6.53489340416e+11

TAURUS-1を初デコード2019/09/14 22:15

TAURUS1

LilacSat-1と互換のトラポンを持つTAURUS-1(TLE=44530)@435.840MHzをgr-satellitesのlilacsat1.grcでデコードできたが,(やっぱり)テレメトリの解析できなかった。githubの更新を待つ!

2019-09-14 13:10:25
Packet number 14
* MESSAGE DEBUG PRINT PDU VERBOSE *
()
pdu_length = 116
contents = 
0000: 08 50 71 71 ff 20 a0 00 00 00 64 00 1c a1 00 03 
0010: 00 80 20 4e 62 03 f2 17 ab 06 fa 25 42 00 fa 27 
0020: 80 04 60 0a 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 
0030: 00 00 00 00 00 00 00 00 af ff 8b 12 a9 0f 00 00 
0040: 63 21 00 00 03 00 00 00 a8 dd 09 02 0c 0f 00 00 
0050: 5c 01 00 00 00 b8 4b 51 1c a3 01 00 00 00 00 00 
0060: be 1a fc 2b fd c9 09 02 00 00 3f ff 46 22 00 00 
0070: 6a 70 22 16 
***********************************
Could not parse beacon

本日の衛星: XW-2A, CAS4Bで交信。XW-2Cは聞こえず,FO-29のCWビーコンを受信して管制局に報告。