GOMX-1を初デコード2019/12/20 19:48

GOMX-1

2014年に試みて果たせなかったGOMX-1の受信(437.250MHz, 4k8 GMSK CSPプロトコル)に挑戦した。いまは IC-910 > audio-streamer > gr-satellites maint-3.8 を使えば良い。ダニエルさんに感謝です。

gr::log :DEBUG: correlate_access_code_tag_bb0 - writing tag at sample 3692739
2019-12-20 05:07:04
Packet number 9
Timestamp:      2019-12-20 07:46:46
Flags:          0x79
Beacon A:
    OBC:
        Boot count:     3125
        Board temp 1:   13.0ºC
        Board temp 2:   15.0ºC
        Panel temps:    [0.0, 39.5, 11.75, 2.5, 31.0, 18.0]ºC        
(以下省略)

ISS SSTV MAI-752019/12/06 20:33

ISS SSTV MAI-75

今回のイベントは3日間追っかけたが,最終日のパスが仰角が一番高くて安定して取れた。添付画像はIC-910 + gpredictでリグコン + QSSTVにて受像した。

本日の衛星: ELFIN-A/B, POLYITAN, BUGSAT-1, BISONSAT, STRAND-1, CUBEBEL-1, FALCONSAT-3, GRIFEX, TIGRISAT, AO-91,92,95をデコード。

FUNcube2019/11/30 19:02

新メーリングリスト(group.io)からの情報。warehouseのアドレスがdata.amsat-uk.orgに変わった.そうだ。

本日午前のパスでJO-97をデコードしたが,旧アドレスでは受信レポートがwarehouseに反映されなかった。gr-satellitesのjy1sat.grcのFUNcube Telemetry ForwarderのURL変数を変更して対応する。

本日の衛星:CAS-4Bで交信。mcubed-2を久しぶりにデコード。

gpredictからICOM機を制御2019/11/17 16:03

gp2hmlb

軌道計算ソフト:gpredictからICOM機の周波数制御が可能になった。dl7oap局作のpythonスクリプトがgpredictとhamlibの間に入って周波数制御のコマンドを調整してくれる。元々はIC-9700用に開発されたが,愛用のIC-910でも動作した。

gpredict <--> gp2hmlb <--> hamlib/rigctld <--> IC-910
         4532         4572                /dev/ttyUSB0

いまはSIMPLEXモードをテスト中。ISS経由での交信を志向したモードで,Down/Up周波数をVFO A/BにセットしてSPLITで運用する.とのこと。

gp2hmlbのテストに合わせて,gpredictはICOM機対応の私家版から素/最新版:2.3.57-2d80に更新済み。蛇足だが,世界地図は日本を中心に表示するよう設定変更している。

本日の衛星:CAS-4Bで交信。

NEXUS, ESEO2019/11/10 20:52

FO-99 SSTV

NEXUS 20時のパスはSSTVだった。CAM画像が採れたがコールサインが判らず。添付画像はQSSTVで受像。

gr-satellitesの新衛星/新モード対応はv2系列だけになった。試しにESEO 10時のパスで4k8/9k6 GFSKテレメトリのデコーダを動かすが,エラーになって残念。FSKは当局にとって鬼門だ。

Reed-Solomon decode failed.

本日の衛星: CAS-4B, 4Aで交信。